街の姿 今と昔

大田区蒲田。

そのイメージは現在、あまり良いものではないと思います。

なぜか、柄の悪いところ、汚ないところ、というイメージを持たれています。

そんな蒲田でこの度、

「蒲田今昔写真展」という催しが開かれます。

とき 10月12日(水)〜16日(日)10:00〜20;00

場所 蒲田の駅ビル東急プラザ 4階イベントコーナー

蒲田はたしかに、駅前なんかはゴチャゴチャしていて

柄の悪そうな人が歩いている気もしました。

でもよく見てみると柄が悪そうに見える人も、

ただ飾り気がなくてちょっと品がない(?)だけっていう場合も多いです。

そうして、例えば居酒屋のような場所で話してみたりすると、

苦労人が多くて

いろんなバックグランドを持った人たちだということがわかります。

蒲田は、例えば昭和の初め、戦前のころには

松竹映画の撮影所があって

「流行は蒲田から」

と言われるくらい、

俳優さんたちが集まるモダンな憧れの場所でした。

そのほか、大倉陶園や三省堂印刷所、各務クリスタルなどの会社も集まっていました。

地方から東京を目指してやって来た多くの人が

夢を追って働いていた一大舞台だったわけです。

今回の東急プラザでの写真展では、

おもに昭和30年代の蒲田の写真が出品される予定です。

したがって、その時代の空気を実際に吸っていた人たちに、

写真の中の世界のことを話してもらおうという企画も混じっています。

古い写真は、ただ漠然と見るだけでは

「シロクロでレトロだな〜」で終わってしまいます。

ところが、そこに写っているもののすみずみにまで

時代の空気が満ちているのです。

たとえば、先日は、

昭和30年代の蒲田駅前工事現場の写真で、

今でいう「コーン」の形について、いろいろあった、と話している人がいました。

看板も写っているので、

店の名前などを覚えている人がいるにちがいないとも思います。

ささいなことこそ知られないまま、

だれにもわからなくなってしまうことが歴史上にあふれています。

街も人も魅力があるのに、不当に(?)

「治安の悪い街」のような汚名を着ている蒲田よ、

その汗と涙と笑いで形づくられてきた道筋を少しでも知らない人たちに伝えて、

以前そうだったように、

住民からも通りがかりの訪問者からも愛される街に

少しずつでも変わっていってほしいぞ〜

みなさんの街は歴史と現在の姿とで一致しているでしょうか、

それとも変貌しているでしょうか。

P1020974

10年ぶりで自由が丘ぶらぶら

自由が丘に10年くらいぶりで行きました。
お稽古ごとの帰りに、
一緒にいた人たちが行ってみようってことになって、
自然わたしもついて行っちゃったわけです。
東急池上線の雪が谷大塚からだと
タクシーでワンメーターの距離だってことで、
ブ〜〜ンとひとっ飛び(走り)でした。

通りの様子は10年前と変わってないようでしたが、
それぞれの店はずいぶん入れ替わっているんでしょうね。

イタリアンの店でお昼を食べて
(名前くらい覚えてればいいのにそれさえ忘れてしまいました。
ブログをやる人間のかざかみにも置けないと我ながら反省)
そのイタリアンレストランの真ん前にあるブティックを見物しました。

わたしは背が150センチしかなくて
普通のブティックで買う服がなかなかちょうどよく着られないので
20代のころでさえ、
あんなすてきな店に足を踏み入れたことがないんです。
でも、お連れがいるとどさくさに紛れてはいっていけて
珍しくブティックというものの内部を見ました。
(ほとんどタイムマシン気分)
最近行く店といえばスーパーじゃなきゃ古本屋くらい・・

外から見ると、
なーんか色も形もパッとしない服が並んでいるように見えたんですが、
はいってひとつひとつ良く見たり
店の人と話したり一人が試着したりするうちに
印象がかなり違うものになっていくのを感じました。
大づかみに見ちゃうと、着たときの感じまで考えないので
ただのだぶっとした布きれに見えちゃうんです。
ふだんおしゃれじゃないので想像力が無くなっているようです。

たまには自由が丘のブティックなどで
じっくりとお洋服や靴を見るのも楽しく、
眠っていた部分の感覚を呼び起こす感じがして気持ちいいものでした。

おしゃれなパンフレットまでいただいてきました。
P1020958

トースターの取っ手を修理

うちのトースターは古い。
(「うちはトースターも古い。」と言うべきか)

途中、引っ越したりして倉庫にはいっていた期間が2、3年・・
とはいえ、それでももう20年ぐらい使っている。
内部や天井に焦げ模様がついていたりするけど、
機能は問題ないので、
もはや古道具のようになりながらも頻繁に使用している。

5年くらい前か、前の取っ手がグラグラになり、
とうとう折れてしまった。
トースター自体を寿命として取り替えてしまうことも
考えないではなかったけれど、
焼く機能は壊れていないから、捨てることもない気がした。
ヒモなどで間に合わせの取っ手をつけて使いながら
しばらく考えていた。
そのとき思いついたのが、この取っ手でした。
P1020915

「越」の字が薄れちゃってるのがちょっと惜しいんですが・・

三越さんが、大きい荷物を持ち帰るお客に渡していたらしき、
木の持ち手。
骨董屋さんで買い物をしたときに
持ち帰り用にもらったのを、しまってありました。

いつごろまで使われていたんでしょうか?
昭和50年代くらいならありそう?
でも、字が右から左へ書かれているから
普通なら戦争前ですけど・・そんなに古くはなさそう・・

というわけで、
この持ち手を針金でとりつけまして、
トースターは、
もはや愛着さえ覚えて毎日のように登場する電気製品として
使い続けることになりました。

古い家電製品は危険だったり燃費が悪かったりするので、
どんな家電にもあてはまるわけではありませんが、
トースターに関しては燃費が悪いということもなさそうで、
危険にならない限り使っていこうかと思っている次第です・・
P1020921

P1020919

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

何に使うかわからない物と模様替え

川越成田不動骨董市で買った、
もとは鍋敷きかなにかだったらしきネズミの飾り??
ステンドグラス状になっているので台所の流しの窓のそばに置いてみました。
P1020382

足下にあるのは食器洗いの前に油などを拭くため、
ぼろきれを小さく切ったものです。

骨董市って、
何に使ったのかわからないものがたくさんあるのがまた楽しいですね。
元の姿を想像したり
自分が家に持って帰ったらどういうふうに使おうか考えたり。
最初から
「こう使う」
と決まっているものより断然おもしろいです。

同様に、私が古い家・古いアパートでおもしろいと思うところは、
例えば冷蔵庫をどこに置くか・・とかが自由なことです。
前に住んでいた新築社宅ではキッチンに
「冷蔵庫置き場」という場所があり、
そこに置くしかなかったんですが、
その後引っ越したアパート・古い平屋では
「どこに置こうかな〜」
と考える楽しみがありました。
向きもいろいろ変えると
ほかの家具の場所も変わってきたりして
気分が変わっておもしろかったです。
今の家も狭いながらその楽しみはあります。

ささやかなことですけど、
模様変えっていつもいる部屋でもずいぶん気分が新しくなりますよね。
たまに試みたくなります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

秋を味わう食器や道具

ALL ABOUT STYLE STORE さんで、9月28日(水)午前10時まで、ポイント5倍セールをやってます!

「こんな商品今まで見たことなかった!」という商品で消費者のココロを満たしたいというだけあって、スマートなデザインのキッチン用品、目に新しい器などが並んでいます。
夏の涼しげなガラスの器もよかったけど、

ここ数日の朝夕の澄んだ秋風に合う食器は何かな〜?
と、新しい季節の到来を喜ぶ気分になってきました。

ALL ABOUT STYLE STORE キッチン・食器

季節季節で器を使い分けるって、なかなかできないです。
でも、まったく無理ってわけではありません。
うちでももちろん、
物を少なく暮らそうと思っているし貧乏暮らしだし、難しいんですが、
季節を味わうことは、この国に生まれた喜びのひとつでもあります。

同じ器でも周りを秋らしく演出することで
夏が過ぎて爽やかな空気を呼吸する季節をかみしめることができます。
それに、来たるべき冬への橋渡しの季節としても
楽しむことができると思います。
Plnt0101
やっと汗をかかずに熱い紅茶の香りを楽しめるので、
ちっちゃなケーキなんかを
青と白のお皿にいくつも盛って、
お友だちと選びながら午後のお茶のひととき・・

051223_194701

P1000189

うちの場合、すてきなリビングルームでなくちゃぶ台なんですけど、
背伸びはできない!
ありのままに。

また、年中使ってはいるけど、
菊のまがき柄の小皿に豆大福で、
秋らしさを満喫するのも
好きな模様のお皿を少しずつ集める自分なりの喜び。

051022_195801

061209_155401

これは向島の料理屋さんのお部屋で、うちではありませんが、
こんなお部屋を想像させる道具立てを
少しずつ身近に実現していくのが楽しいのです。
長火鉢はちょっと無理ですが、鉄瓶は使っています。
お湯がゆっくりと沸くのを待つ時間も、
本を読んだり考え事をしたりと、貴重な時間です。

器を季節季節で
「取り替える」
というよりは、
同じ器でも、盛るものや周りのテーブルかけ、クッションの柄なんかで
気持ちを循環させるのって小さな幸せのひとつですよね。
物を少なく、ということは、
充実した、自分の心から好きなものを少なく揃えるってことだと思います。

器のほか、いま私の懸案の台所の保存容器でも

いいものないかな〜

と物色中です。

また、スタイルストアさんで現在大変オトクなキャンペーンを実施中です。

【新規会員登録】で

もれなく【1000円分】のポイントがもらえて、

さらに抽選で【豪華旅館宿泊等】が当たるんです!

ALL ABOUT STYLE STOREキッチン・食器

All About スタイルストア

金平糖

きょうのおやつは金平糖。
熱いお茶もおいしい気温になって、ほっとひと息。

P1020898

金平糖といえば、ちょうどきのう友人から
京都の金平糖やさんで金平糖を注文したら
なんと2年越しでやっと手にはいったという話を聞きました。
そしてくだんの金平糖を昨日ごちそうになりました。
梅の香りのするかぐわしいお味でございました。
なんでも、伝統的な製法を守っているのはその店ただ一軒なんだそうです。
写真はまったく関係ない、たまたまうちにあった金平糖です・・
今ではなんでもすぐに全国からお取り寄せができる世の中ですから、
希少価値のような気がします。
売れるもんならたくさん作ってたくさん売ろうっていうのが
人情ですからね〜

天然醸造味噌と回想

らでぃっしゅぼーやさんの商品が並んでいる中に味噌があるのをみて、
味噌を作ったときのことを思い出しました。今まで2回作ったのですが、
記録を見ると、2度目が2008年のことでした。
まだ今の家に来る前、
三鷹で築60年の平屋の家を借りていたときです。
P1000272

P1000274
これは、大豆を煮たあとに、
部屋で味噌玉を作って樽に仕込んでいる写真です。
材料は八王子の豆屋さんから送ってもらいました。
大鍋と樽を一回目のときに合羽橋で買ったのです。
その時は都心で長屋式アパートに住んでいて
毎日近くのお風呂屋さんに行っていました。
それぞれ違った楽しい生活でした。

・・・で、味噌。
鍋と樽があるんだからまた作りたいものです。
P1000740
これは、平屋で玄関が広かったので、
味噌のはいった樽を玄関に置いていたときのものです。
昔の家はちっちゃい家でも玄関と床の間が
アンバランスなくらい広いな〜と思います。

四畳半・六畳・三畳に台所という間取りで、
戦中戦後にかけて三鷹に住んでいた
太宰治が借りていた借家の間取りも構成的には同じでした。
もちろん今は違う家になっていましたが、
場所は私が借りていた家のすぐ近くでした。
P1010236
借家なのに庭があり、こうして樽を干せてのどかでした。

干した樽を縁側に取り込んでお茶を飲んだことも
とってもうれしかったので写真にとってあります。
P1010242
よく見ると椅子の後ろに樽が写っています。

「あのころはみんな貧しく銀河濃く」
っていう俳句?川柳?を
どこかで見かけましたけど、
そんな風情を醸し出している生活だったかもしれません。
お皿にのっているおやつが安い蒸しケーキだし・・

らでぃっしゅぼーやさんの天然醸造味噌を見たことから
そんなことを回想しました。材料を確かめたところ
大豆・米・塩 とありました。

たいていスーパーで売っている味噌はアルコールがはいっているけれど

やっぱりそこが違います。



らでぃっしゅぼーや 有機・低農薬野菜、無添加食品の会員制戸別宅配サービス

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

食器を洗ったらすぐに拭く?

食器を洗ったあと、ふきんで拭くのがどうも億劫です。
洗うのはわりと好きなんですが、
水切りカゴに入れたあと、
それを拭いて、しまうのを後回しにしてしまいます。
水が少し切れるまで置いといて〜・・で、
お茶を飲んだりしているうちに、
夕飯なら寝る前まで置いたまま〜ってことになりがちです。
洗ったあとすぐに拭いてしまうのが効率的にはいいんですが、
しずくがいっぱいでよく拭き取れずにしまっちゃうのは
良くないよね〜なんて思うし。
でも、シンクまわりをさっぱりさせるためにはやっぱり
「洗ったら拭いて食器棚にしまう」
というふうに一連でやっちゃったほうが決まりがついていいみたい。
そのための動機付けとして、
「作業が楽しくなるようなふきんを買って」みました。
とりあえず、「かわいい模様がついているふきん」が
駅前に売っていたので買ってみました。
数日前から「洗ったら拭く」段取りを実行しています。
P1020866


最近お気に入りの 「遊 中川」小紋ふきん 鹿の子
綿100% 蚊帳生地ふきん

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村