職人気質の人が作ったお菓子 そこには物語がこもっている 母の日のプレゼントに

先日の母の日フェアに出展されていたお店の中に

セコムの食さんがありました。

「セコムの食」さんは、わたしの中では

歌舞伎座にけっこう大きなスペースをとって

広告を出していたお店、として覚えています。

[E:restaurant]「セコムの食」さんではどんな「食」を売っているのか

当日のプロモーションでは、

どんな商品を売っているかについて説明がありました。

良いと目をつけた商品について、

徹底した現地取材と試食を行なって、

有名ではない、そこでしか手にはいらない

おいしいものを紹介していることが

最大のポイントとして打ち出されていました。

バイヤーが生産地へ行って

生産者の方々に取材をし試食を経て

納得のいくものを勧めているということです。

たとえば農産物なら、

能率第一でなく、おいしい作物を作るためなら

手間を惜しまないやり方を選んで

小規模に、たとえばご夫婦二人だけで

ほそぼそと作っているようなものを見つけ出してきて

消費者に届けるという、

そんな方針だというお話をしていました。

[E:restaurant]名前から起こる偏見?!

「セコムの食」っていう名前だけ聞くと、

わたしなどには

「あ~、あのセキュリティ会社の関連のお店か?

どうせセレブの人たちが買う高価な商品ばかりなんだろう・・」

なんていう偏見があったので、

こういう方針なのでしたら

お店の名称を変えることを提案したいくらいです・・(笑)

[E:restaurant]商品をどんな基準で選んでいるのか

聞いてみると商品の選び方に共感します。

まず、米や野菜は、

農薬や化学肥料にできるだけ頼らないもの、

さらに、生産者の方の真摯な思いがこもっていると

感じるものを選んでいるそうです。

それから、加工品は

必要な材料のみで作られているもの、

つまり保存料や化学調味料を使っていないものを選ぶ。

素材そのものの持ち味を生かしたものですね。

現地に行くことではじめて見えてくる

生産者のこだわり、言葉では伝わらない苦労を

実際に確かめたうえで

その商品をわたしたちの前に示しているそうです。

そういう選び方なので、

自然と商品は、

大量生産できないものがほとんどになるようです。

また、旬が限られたものも多いのは当然と言えるでしょう。

農産物などは一番美味しい時期に食べるのが

味も栄養ももっとも優れてますから。

[E:restaurant]都会にいると忘れやすいことを呼び覚まされた

都会にいるとそれを感じることさえ少ないかもしれません。

わたしたちの意識次第で

お米や野菜のおいしい息吹を

食卓にのせることができるんですよね。

「セコムの食」さんのお話を聞いていてそんなことも考えました。

[E:restaurant]作り手は自分を誇らない淡々とした職人さんだったりする

セコムの食さんのHPのたいていの商品には

「作り手紹介」という欄があります。

たとえば

「ピーカンナッツ」には、

創業江戸時代末期の

長野県の老舗菓子店のご主人が登場しています。

それでご本人の弁が、わたしはとっても気に入ってしまいました!!

「たいした商品じゃない」っていうんです!!

いいわ~ 

この言葉こそ、いいものを作っている職人気質の人の言葉だ!! 

とやたら「!!」マークをつけたくなるくらいです。

わたしがバイヤーでこの言葉を聞いたら

やっぱり絶対この商品、選ばせていただきます!!

[E:restaurant]で、母の日のおはなし・・

ということで(?)

セコムの食さんの母の日フェアで見せてもらった商品はこちらです。

前置きが長すぎ・・[E:happy01]

ちょっと共感してしまったもんですから。

日本におけるドイツ菓子職人の先駆者のひとりである

大隅さんが作るバウムクーヘン↓

母の日仕様に

ひとつひとつ手書きの文字のはいったサブレがついてます。

P1050144a

P1050146a

 

日光の杜のレストラン「明治の館」で
デザートとして出される「日瑠華」という名のチーズケーキ↓
母の日仕様にチョコプレートをつけられます。

P1050147a

大粒びわゼリー↓
佐世保で地元の果物や野菜を使ったお菓子を作っている人の商品だそうです。
あまりに大きなびわであるため、自動充填機が使えず、
すべて手作業でカップに詰めているんですって。すごっ!



大きなびわにこだわる理由は、やはり味がちがうからだそうです。

つるつるの輝き。
[E:shine]

P1050148a

自信を持っておすすめ! の商品が堂々と並ぶテーブル・・

P1050150a

母の日用にカーネーションと組み合わせたりできるセットが用意されています。

[E:restaurant]ものと物語を両方贈りたい人にぴったり

外見がかわいいだけでなく、

作った人の素朴な熱意だったり、

気取らない職人気質だったり、

それが作られた過程の物語だったりが

こもっているものを

お母さんに贈りたい人に

ピッタリな商品が揃っていると思います。

また、渡すときにお母さんに会ったり電話で話したりできる人なら

作り手の人のことなんか話してあげると

食べるときの話題にもなると思います。

セコムの食

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>