ふだん着物生活に便利な肌襦袢 洋服用で流用できるもの

ふだんきもの生活をするとき、
下着から違うものをそろえなくちゃならないとなると
ハードルがあがっちゃいますよね。

着物用の肌襦袢を持っていなくても、
洋服と共通のインナーでもだいじょうぶです。

襟が着物からはみ出ないもの

で、トップスについて
洋服のインナーを着物のインナーと共通で着るとき、
困るとすれば、襟です。

前側がVネックになっているものはたくさんありますけど、
後ろ側はふつう丸首になっています。
それだと着物の襟のうしろから見えてしまうのが気になります。

そうしたら、
ホットコットのインナーで、前後ともVネックになっている
ものを発見しました。

これなら、着物の後ろ襟からはみ出なくて美しい、、
20160929_204821

 

ちなみに、今わたしが
あったか肌襦袢として着ているものはこういう襟です ↓
20160929_204734

これは着物用として売っているものです。
舞妓さんで使っている人もいるそうです。
そのため、袖は通常の肌襦袢のような形になっていて、
見頃の丈は短いです。
20160929_204745

きもの用肌襦袢と違うところ

それに対してこのホットコットインナーは3分袖で、
胴の丈は長め。
20160929_205024

このVネックの商品は3分袖と9分袖のラインナップです。
9分袖だと、袖口から見えてしまって美しくないと思います。

でももし、5分袖くらいの商品があったとしても、
経験からすると、3分袖で、
長めアームウォーマーをしたほうが、むしろ実用的かなと思います。
電車で吊革につかまったり、
踊りのお稽古をしていて腕を上げたりするのでなければ
肘が出ていてもべつに気にならないし
中途半端にインナーの袖が見えそうになるより
良いと思うからです。

手首はどっちにしても
寒いときにはアームウォーマーなどが必要ですし。

また、胴の丈は、ふだん着物なら長くてもそれほど困らないと思います。
舞妓さんのように大きな帯を結ぶわけではなし、
着替えを何度もするわけでもないですし。

20160929_204913_2

両者の襟を重ねてみると

2枚を重ねてみると襟部分はこんな感じになり、
後ろはホットコットのほうが襟ぐりが深いくらいです。

襟の後ろがこういうふうに開いていれば
着物の襟から見えずに安心です。

この秋、ふだん着物のとき、このインナーにしてみるつもりです。
このインナーの上に長襦袢を着るわけですね。
色はわたしは、着物の肌襦袢が白なので、
白を買ってみました。

ふだん着物生活を始めるなら秋は最適だと思います。
着物はなんといっても冬あったかいですし。

あ、お値段も 990円と、買いやすい値段でした!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

独自ドメインにトライしたら

ブログを何年か続けていると、
レンタルサーバーを利用して独自ドメインをとってみる
なんてことにも手を出すようになってきます。

レンタルサーバーは少し前から借りていたのですが、
独自ドメインを自分用にとったことはありませんでした。
それが今度、ひょんなことからドメインを使ってみる
ことになりました。

とるところまでは、サーバーの管理画面の指示にしたがって
なんとなく進めるのですが、
そのあとやることに
ネームサーバーの設定、とかいうこともあるんですね。

そういうことをやるんだ、ということも知らず、
ドメインをとったからあとは「数時間から数日」待つのだ、、
と思っていたら、3日目になっても
「サーバーが見つかりません」 だとぉ~~!?

ネームサーバーの設定をする、ってとこまで
マニュアルに書いてほしいわね~~!
なんでも「ググれば」わかる世の中だけど、
そういう設定をしなきゃならない、ってことを知らなくっちゃ
進めませんわねー

ってことで、
そうだったんですね。わかりました。
そして、設定しました。
うまくいったかどうか、まだ結果待ち・・[E:gawk]

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

きっとこんな秋の日があった

初秋のある日、ななめの日の光が部屋に差し込む。
部屋には、小さな本だながある。
ささやかな暮らしをいとなむこの部屋の住人が
読んだ本が並ぶ本だな。

その光景を眺めていると、
ああ、こんな秋の日が、
いつの時代にもあったんだろうな、
という、へんな、あたりまえの感情がわいてくる。
昭和50年台にも、
昭和30年台にも、
昭和10年台にも、
大正時代にも、
江戸時代にも、
あったんだろうな。

初秋の静かな日、
ささやかな暮らしがある部屋に、
小さな本だな。

P1080635

それにしても黒い本棚ですね~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村