物の値段に納得するとき・しないとき

物の値段は、よくできてるなー、と納得します、たいてい。

けどたまに、物の値段っていったいなんだ? 
と納得できなくなります。

こういう値段のつけ方で世の中ができていたら、
人間だめになるよな~、とか。

本の値段と、モノの値段の違いに直面したときです。
いやわかってます。
そういう思考回路じたい無駄だって。
ブックオフさん、いつもちょうほうさせてもらってます。
買い取りの基準もだいたいわかってます。
状態をひと目見て、すでに0円、って決まっちゃうのね。
細かい基準までは知らないからよけいに感慨をいだいちゃうのね。[E:coldsweats01]

100均のモノと古本を、
金額という同じ土俵に載せて考えても無駄、
ってわかっているけど、やっぱり
「へーー、これも0円なのかーー」なんて、
数分間ほど引きずってしまう中年女性なのでした。[E:think]

来週、廃品回収に出します。はい。[E:happy01]

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>