雑誌や本は次に読む雑誌や本を連れて来る

「考える人」という雑誌を買いました。
店頭で見て前から、買ってみようかな~
と思っていたけど、実際に買ったのは初めて。

新しい手帳を使い始めたばかりで、
メモ欄がたくさん空いていることもあり、
気になったことはメモメモ。

執筆している人でなかなかおもしろそうなことを言っているけど
まだ作品を読んだことがない人の名前とか
おもしろい話とか。

読んだそのときは覚えているつもりでも、
本屋さんや図書館に行って、なんていう人だっけ~
と思うことは始終ですから・・

雑誌や本は、次に読む雑誌や本を広げてくれますよねー。
それは人生の愉しみのかなり大きな要素です、わたしにとって。
Img_0800
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

「雑誌や本は次に読む雑誌や本を連れて来る」への2件のフィードバック

  1. 神奈川で古い家に猫と暮らしています。
    我が家では「考える人」は毎号買っていて、最新号も購入しました。
    特集が「ことば」だったため、書店で棚差しで隣に置いてあった「kotoba」にもつい手を伸ばし、初めての雑誌でしたが、「蒐集家の悦楽」というテーマに惹かれ連れ帰りました。(もちろんレジ経由です)
    少々ずれた例ではありますが、次の本を連れてきた、という現象です。特集名だけで。店員さんの並べ方が大きかったのかもしれませんが、特集と同じだからこそ関心を持ったのですし。
    深い読み方は出来ませんが、繋がる面白さや楽しさはあると思います。

  2. 猫ノ寝ガエリさん
    はじめまして。
    こうやって、知らなかったものを知るとうれしいものですね。
    昭和25年より前に建てられた家にお住まいとのこと、
    いいですねー。三鷹で住んでいた古い家を思い出します。
    荻窪阿佐ヶ谷あたり、
    わたしも猫の寝ガエリさんと似た意識で
    家々を見ながら歩いたこと、あります・・
    またおじゃましたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>