マルセイユ石鹸づくりリピートしました

去年の11月に初めてマルセイユ石鹸を作ってみて
案外かんたんにできたし、使い心地もいいので、
2回目つくりました。
これが石鹸づくりセット・・
IMG_1066

前回は温度計が1本しかないまま作ったのですが、
これから繰り返し作ることを考えて、もう1本購入しました。

↓苛性ソーダ+精製水の温度を測っているところ。
IMG_1043

↓オイルミックスを湯煎して温度を測っているところ。
IMG_1044

これは混ぜ合わせた石鹸液を休ませて固めているところ。
まだゆるいです。
IMG_1047

このあと香り付けをして
型に流し込みました。

苛性ソーダは購入するときに
劇物購入として名前を書いたりする必要があります。

IMG_1067

わたしが使っていて手軽なのはこういうオイルミックスですが↓

>>マルセイユ石鹸オイルミックス(ご参考)

自分でいろんなオイルを混ぜるのが醍醐味、っていう
人も多いですよね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

本を読む人が増えると世の中が住みやすくなる

名著と言われる文学作品には、
きっと何か「読んでよかった」ということが
隠されているにちがいないと思う。
けど、難しそうで手が出ない。
けど、読んでみたい。

落語や歌舞伎のように
内容を知っていても
「また見たい」
「また聞きたい」
ということがあるんだから、
名著も、ストーリーや登場人物を知ってからとりかかると
ちゃんと味わえる、っていうのは納得できる。
なんか、前もってマンガやあらすじ本で知ってから読むって
間違ったこと、っていう意識がありましたが、
それは、長ーい名著については
必ずしも当たらないと気付かされました。

読むたびごとに新しい気づきがあるのが名著なんだしね。
たとえ読んでみて「つまらない」「意味がわからない」と感じたとしても
そう感じたきっかけがあるわけだから、
何も感じないのとは雲泥の差なんですね。

登場人物の相関図を書く、っていうのも、
とくにロシア文学なんかでは役立つことうけあいですよね。

名著には普遍性があるから、
昔に書かれたものであっても、
今生きているわたしたちの悩みに答えてくれる。
名著はいろんな読み方ができるから、
どんな人が読んでもその人その人の受け止め方ができる。

それにしても、本を読む人が増えると
世の中が住みやすくなると思う!
なぜなら、自分を相対化して見ることができる人が増えるからです。
いろんな生き方があることを認め合えるからです。
さまざまな人間関係が構築できる人が多くなるからです。
IMG_1065

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村