IMG_2197

服装に「どうせ」っていう意識が出ないように

謙遜は美徳であることは確かなんだけど、
度がすぎると、自分がかわいそう。
自分をもっとたいせつにね。
と最近思い直した。

服装からもそれを後押ししてみると、自信がつくな。
これを着ていれば他人の目に
ちゃんとした大人なんだな、って自然と受け取ってもらえる服を
せめて着ようね、と。

これまであまり心がけてこなかった
服による自覚の高まり、について
気付かせてもらったのです。

地位ある人、仕事で責任ある人、
そういった人たちは、自然と着るものにも表れるでしょう。

けれども私のように、地位のない人、仕事で責任なんかないような人は、
自然と服装にも「どうせ」みたいな意識が出ちゃうのよね。
服装だけ立派、っていう意味じゃなく、
「良識ある大人」くらいは表れる服装にしよう、これからは。

洋服を作ってもらうお店で話すうちに、
そんなことを思いました。
オートクチュールって、値段が高いとかのイメージが先に立つけど
心の中にも影響を与えるのを込みなので
値段だけでは計れないです。

良い作り手の人と出会うことが大事だと思います。
似合わない服を着ていないで、
自分に会った服を作ってもらうことは
最初にちょっと思いきれば実現することがわかりました。
一度採寸してもらえばあとは値段もリーズナブル。

質の良いものを大切に着て、
着れば安心してどこへでも出られるっていう気持ちよさも得られて。

ちなみにこちらのお店の人は
華やかな実績があるのに、初めての人にも気さくで
押し付けがましくなく何でも教えてくれるので
話しやすいです。

IMG_2197
渋谷Vert de Vert

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>