IMG_2357

本の中の本 読書の幅がこうして広がっていく?

神保町古本まつりで買った
山川静夫『名手名言』。

そこに、山川さんの書棚で不滅の光を放ちつづける本の一冊は
岸田劉生『歌舞伎美論』だと書いてあった。

この書名、確かにうちの本棚にもあったな。

2000年から2005年の頃、伝統芸能系の古本はけっこう買ったと
この間書きましたが、その頃に購入したものです。

探すともなく気にかけていたら
古本を入れているケースの中に、やっぱりありました。
山川さんが書いているように昭和23年が初版で
うちにあるのは昭和26年発行の第3版。

IMG_2357

IMG_2358

悲劇喜劇選書Ⅳとして出版されたときの帯と
しおりとして挟まれたらしいフィルムもともに。

岸田劉生が画家の視点で
歌舞伎の美しさを書いている本。

著者が歌舞伎の舞台面を描いた絵がカラーで入っていて
劉生が、歌舞伎は蜜豆の黒蜜のようだと言っていたという気持ちが
分かる気がします。
なるほどこれが黒蜜の味か、と。

歌舞伎を好む点では人後に落ちないつもりと言っている。
この「美の王国」が日本から失われてしまう時代が来るとしたら
人類の損だと言っている。

芝居見物の絵日記もつけていて
本の中に絵とともに入っている。
岸田劉生の絵日記なんて、貴重ですよね。

しかも、一芝居好きとして書いている
「きょうは帝劇見に行く日なのにあいにく雨・・・」
などという親しみやすい内容。

同時代人に認められず、
死んでから価値を見いだされた人だったと
山川さんの本にある。
岸田劉生が歌舞伎の美をどのように見ていたのか
難しいことではなく
歌舞伎好き市民として読み返してみなくちゃ。

ちなみに、河竹登志夫さん著のこちらの本とは別の本です。
こちらも良い本だと思われますが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

IMG_1414-1

ただ弾いてるだけだから

趣味で楽器をやっている人は
自分が楽しいために演奏します。

プロはお客さんのために演奏しますが、
私達は、年に一度の発表会などで見てもらうときを一つの目標に
一生懸命に、かつ楽しんで練習しています。
発表会では自分が楽しく、
見る人に応援してもらったり
リフレッシュしてもらったりできるように
がんばります。

自分なりには少しでも「上手に」弾けるよう
がんばって練習しますが、
自分でもどう考えても「下手だな~」と
自覚することばかり!

「下手だな~」と思うことも
楽しいことの一部となっています。

例えば、こんなこともあります。

そのとき私は追善として作曲された曲をお稽古していました。
もう一人の人と合奏して先生に聞いてもらっていました。
曲が終わって先生は言いました。

「私が死んだときにそれを演奏しないでね。
何年かたってからならいいけど。」

死んだ直後にそんなにうれしそうな演奏をしてもらっちゃ困る、
という意味です。

「ただ弾いてるだけだからそうなるんだ~」
というわけですけど、

追善の心をにじませる演奏なんて
「とてもわしらには、できるもんじゃねえですだ~」

ってことで。

部分部分の手の練習を重ねて
そういう心を出すようにがんばるのでした!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村