akikusa_dreaming のすべての投稿

IMG_2359

好きで続けているお琴と三味線で秋を楽しみました

秋の日を心豊かに過ごすなら
どんなひとときがいいのかな。

好きな日本文化とともに静かに過ごすのもいい。

そう思う人たちと
深まる秋のひとときを過ごすことができました。

IMG_2359

IMG_2361-1

IMG_2360

このように過ごすことができたことを
とても感謝しています。
好きで続けているお琴と三味線、
これからもがんばってお稽古しようと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

IMG_2357

本の中の本 読書の幅がこうして広がっていく?

神保町古本まつりで買った
山川静夫『名手名言』。

そこに、山川さんの書棚で不滅の光を放ちつづける本の一冊は
岸田劉生『歌舞伎美論』だと書いてあった。

この書名、確かにうちの本棚にもあったな。

2000年から2005年の頃、伝統芸能系の古本はけっこう買ったと
この間書きましたが、その頃に購入したものです。

探すともなく気にかけていたら
古本を入れているケースの中に、やっぱりありました。
山川さんが書いているように昭和23年が初版で
うちにあるのは昭和26年発行の第3版。

IMG_2357

IMG_2358

悲劇喜劇選書Ⅳとして出版されたときの帯と
しおりとして挟まれたらしいフィルムもともに。

岸田劉生が画家の視点で
歌舞伎の美しさを書いている本。

著者が歌舞伎の舞台面を描いた絵がカラーで入っていて
劉生が、歌舞伎は蜜豆の黒蜜のようだと言っていたという気持ちが
分かる気がします。
なるほどこれが黒蜜の味か、と。

歌舞伎を好む点では人後に落ちないつもりと言っている。
この「美の王国」が日本から失われてしまう時代が来るとしたら
人類の損だと言っている。

芝居見物の絵日記もつけていて
本の中に絵とともに入っている。
岸田劉生の絵日記なんて、貴重ですよね。

しかも、一芝居好きとして書いている
「きょうは帝劇見に行く日なのにあいにく雨・・・」
などという親しみやすい内容。

同時代人に認められず、
死んでから価値を見いだされた人だったと
山川さんの本にある。
岸田劉生が歌舞伎の美をどのように見ていたのか
難しいことではなく
歌舞伎好き市民として読み返してみなくちゃ。

ちなみに、河竹登志夫さん著のこちらの本とは別の本です。
こちらも良い本だと思われますが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

IMG_1414-1

ただ弾いてるだけだから

趣味で楽器をやっている人は
自分が楽しいために演奏します。

プロはお客さんのために演奏しますが、
私達は、年に一度の発表会などで見てもらうときを一つの目標に
一生懸命に、かつ楽しんで練習しています。
発表会では自分が楽しく、
見る人に応援してもらったり
リフレッシュしてもらったりできるように
がんばります。

自分なりには少しでも「上手に」弾けるよう
がんばって練習しますが、
自分でもどう考えても「下手だな~」と
自覚することばかり!

「下手だな~」と思うことも
楽しいことの一部となっています。

例えば、こんなこともあります。

そのとき私は追善として作曲された曲をお稽古していました。
もう一人の人と合奏して先生に聞いてもらっていました。
曲が終わって先生は言いました。

「私が死んだときにそれを演奏しないでね。
何年かたってからならいいけど。」

死んだ直後にそんなにうれしそうな演奏をしてもらっちゃ困る、
という意味です。

「ただ弾いてるだけだからそうなるんだ~」
というわけですけど、

追善の心をにじませる演奏なんて
「とてもわしらには、できるもんじゃねえですだ~」

ってことで。

部分部分の手の練習を重ねて
そういう心を出すようにがんばるのでした!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

IMG_2334

本の背中を見るのがそんなに楽しいの? 楽しいんです

神田古本まつりが終わった・・・

何度も足を運びたいけど、暮らしのためにそうもいかず。
一回だけ行きました。

いつもは店の奥にしまい込まれている本も
ワゴンに出されているかも
などと想像して、心うきうき。
歩道に並ぶワゴンを一つ一つ見て回ります。

「本の背中を見るのがそんなに楽しいのか?!」
と我ながら自問するくらい、けっこうていねいに。

IMG_2334

伝統芸能系の本は、自分の中では2000年から2005年にかけて
ずいぶん買い込んでしまったので
今は控えています(笑)。
舞台も見なくなったので自然な流れで。
歌舞伎役者さんも文楽の人たちも
その頃とはだいぶ世代交代が進みましたねー。

『名手名言』
山川静夫さんの著作は必ずおもしろいので
あると買います。
持っている本も多いので
読んだことある内容かも、と思うけど
同じ題材を扱ってもそのときの筆者の考えが反映されていると
それはそれで読み応えがあるので
今回も買いました。

『本の声を聴く』木島始
季刊「銀花」に連載した書物随筆。
買ったのは
「本について自分で何か書くときの
タイトルのつけ方の勉強になるかな
という動機からでした。

読むと、あとがきに共感する内容が書かれていました。

山水画を見たとき、自然を相手に
「相対して坐すること終日」に興味を惹かれたことや
良寛の詩に
「向かい合って ともに語ることなし」
というのがあることが挙げられている。

やたらに言を多くするのが良いのではない。
多言の自然、多言の本という客と相対して坐る楽しさが
書かれてある。

「黙りあったままなのに
もてなしづかれすることなく
聞きだしかたしだいでは
語りやめることのない客なのだ」

という著者の詩もある。

歳月がかもしだした偶然からできた本だというのも
良い。

『江戸児童図書へのいざない』アン・ヘリング

児童文学史を扱う本のたいていが明治時代より前の時代には注目に値するものがなかったとしてまったく無視していたそうだ。
少なくともこの本がまとめられた1988年ごろまでは。

今はどうなんだろう?
見直されたのだろうか?
分からないので買ってみた。
江戸時代にはいろんな面で共感を持っている一人なので。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

9784794968524

一の酉~久保田万太郎~江戸の人々への連想

きょうは鷲神社の酉の市。
一の酉。
大森駅前の鷲神社でも、
小さい境内ながら熊手の店が出ています。
江戸から続く行事があるのはいいもんです。

酉の市というと「寒い」「冬」の行事というイメージだけど
東京ではまだ薄着で平気なくらい。

久保田万太郎『三の酉』で、
次の年の三の酉までに・・・
というのが思い起こされる。
酉の市の季節になると
この作品を読みたくなるんだ・・・。
その賑わう下町の酉の市の様子や
にもかかわらず寂しい冬の雰囲気が味わいたくて。

昔の人たちが
「今年もこの季節を迎えられた」
と喜ぶ気持ちはひとしおだったでしょう。

岸本葉子『江戸の人になってみる』に
つくづくそうだったろうと書いてある。
いろんな流行り病、火事、地震に見舞われるから。
平均寿命にすると40代そこそこだったとされる江戸の人々です。

江戸の人になってみた暮らしのことが
いろいろ書いてあっておもしろく読めます。

たまたま、今朝のNHKの番組「朝イチ」で話していたことが
そっくりな内容だったので、奇遇に感じました。

家事代行サービスのお話です。
江戸でもそういうサービスはけっこう利用されていたんではないかとこの本の中にあって。
そのサービス業に就く女性がいるわけで
その人も別のサービス業の助けを借りて・・
という循環があったにちがいないという想像が成り立っています。
納得させられます。

町の女性たちも、子守や針仕事を請け負ったり
武家に奉公したりと社会に出る機会があったことだし。
別段、現代特有のことではないように感じられてきます。

この本、「お江戸の一年」の章と「お江戸の一日」の章があって
それぞれ楽しいのですが、
「お江戸の一日」が、より具体的で身近で
読者も実体験できそうな気持ちになれます。

肌寒くなってきたので
うちでも火鉢を使い始めようかと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

2013-07-03 014

小さなこと、つまらないことを丹念にする

小さなことで、つまらないことで、
こんなことに時間を使うのがもったいない、と
思うようなことが、
生活の中にはたくさんある。

例えば、調味料置き場の掃除・整理とか。
そんなこと言えば、部屋の掃除なんかもみんな
つまらないことになって、
おろそかにしていいことになるかもしれない。

そういうことを丹念におこなうことが
暮らしを美しいものにしてくれる、
ってことをもう少し見直していいんじゃないかと思う。

調味料をみんなどかして、調味料置き場を
丁寧に拭いて、台をきれいにしたり、
場合によって古びてしまった台を
取っておいたきれいな空き箱に取り替えてみたり。

どの箱がぴったりスペースにはいるかな、なんて
入れ替えてみたり。
そんな「つまらないこと」を
もっと楽しくおこなっていいんじゃないかと思った。

毎日使う調味料置き場のお掃除、
丹念にきれいにして、
きょうのお料理を楽しくする。

その繰り返し、その積み重ねが
「生活」ってこと、「暮らす」ってことなんだな。
ありがたいことなんだな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

IMG_2311

けっこう趣味いいもの使ってるのに

雑誌や本で、すてきな暮らしをしている人を紹介しているページがあります。

あー、いいなー。
私もこんな暮らしがしてみたい。
なんて思って眺めること、あります。

でも、よくよく見てみると、
そこに写っているものは、私だって使ってるじゃんか!!
ということが、最近ある。
なべ、ティーポット、てつびん・・・
同じものを使ってるのに、
なんで私は「すてきな暮らし」、してないんだ~?

やっぱ、雑誌や本で紹介されている人たちの部屋は
圧倒的にきれいに掃除されている・・・
撮影に向けてきれいにしたっていうこともあるだろうけど。

ある程度はお金をかけて壁や天井を張り替えるなんてことも必要だ。
そのためには働かなきゃ。
そうするとお掃除する時間がない。(笑)

「私のお気に入り」っていうようなものを紹介するページ、
よく見かけます。
きょう買った私のお気に入りは、これです。
IMG_2308

IMG_2309

ドライフルーツ風なんだけど、塩味でさっぱりしていて
元気が出る気がします。

このごろは買ってきたお菓子などを袋のまま置かずに
瓶に入れたりお皿に載せたりしています。
IMG_2310

すてきな暮らしをする人たちのお部屋のように
すっきり片付けるといいんでしょうね。
物の定位置を決めることが大事。

やっと朝夕はさわやかな風。
夏の終わりの猫。
IMG_2311

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

IMG_2282

これほど生活のなかで美を重んじる国はほかには見当たりません

「これほど生活のなかで美を重んじる国はほかには見当たりません」
と書いてある本を最近読んでいた。

「毎日あたりまえに繰り返される日常生活の中における
『ケ』に着目し
そこに潜む『美』とは何かを浮かび上がらせる」
と、書いてある本をその前に読んでいた。

きょう開いた本には
「食は日常、一汁一菜とは美学であり生き方だ」
と書いてあった。

人間が人間のために作った社会なのに
毎日を楽しく生きていると人に遅れをとるという
危惧感を漠然と抱くようになった。
ミヒャエル・エンデ作の『モモ』にあるように。

もっと忙しくしなくちゃ。
もっとお金がほしい。
なんて焦燥感に煽られながら
自分なりの目的って何なのかわからないまま
時間を過ごすようになった。

あ!
今このときから、
今このときを大事に思う生き方に変えよう。

IMG_2282

↑図書館で借りたのでラベルがあります。
ばらばらの番号なのに同じ考え方が散りばめられているんですね。
最近は書店員さんが同じ思想のものを集めた棚が
書店にもあって楽しいですが
これらの本でも一つの棚を形成できそうです。

IMG_2285

『ケの美』の中にあった写真。↓
本当はこうやって出しちゃいけないのかな。
コピーライト表示も一緒に写ってるからいいかな。
IMG_2279

不器用でも、毎日の暮らしの中の
ていねいさや
質素なおいしさや
同じことの繰り返しから成る美しさなんかを
だいじに思って生きていこう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

F5861880-CD54-4276-82D3-4F778D88A4FD

けいたいでんわ、さいふ、かぎ?

0655。
Eテレ朝6時55分。
忘れ物撲滅委員会? っていう歌があります。
忘れ物をしてひどい目に合うと
この歌の大切さが身にしみます。

久しぶりに?
初めて?
家の鍵を持って出るのを忘れて
家に入れませんでした。
ほとんどの日は私のほうが後に家を出るのに、
その日は夫がたまたま遅くていい日だった。

鍵を持ってないことに全然気がつかず、
玄関の前に立ってからその事実に気づいたときの気持ちって‼︎
しかもその日は三味線を持って出ていた!
楽器を持って、
ほんの近所へ行く格好で、
流浪して鍵を取りに電車に乗るのって、、

それを教訓に、
これを玄関に貼ったのでした。
F5861880-CD54-4276-82D3-4F778D88A4FD

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

4DFE1E1C-49A2-467E-B7AE-5D8AAD6F9EF7

「大切な人」って言葉がきらいです

「大切な人」って言葉をこの頃よく聞く。
いい言葉のように言われる。
けど、それを聞くたび、
じゃあ大切じゃない人はどうなってもいいんだね。
って思わないでいられない。
あまのじゃくです。
わかってます。
でも、いつも物事の反対の面を見ることは必要。
反対の立場の人のことを考えるのは必要。
そんなこと言ってたらきりがない?
そうだよね。
そういう考え方もある。
でも、相手の立場を考えるのは大事。
「大切な人」って口に出すとき、
ひとりぼっちの人、
「大切な人」って言われたことなんかない人のことも思ってみてほしい。

4DFE1E1C-49A2-467E-B7AE-5D8AAD6F9EF7

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村