カテゴリー別アーカイブ: 家の中あれこれ

9784794968524

一の酉~久保田万太郎~江戸の人々への連想

きょうは鷲神社の酉の市。
一の酉。
大森駅前の鷲神社でも、
小さい境内ながら熊手の店が出ています。
江戸から続く行事があるのはいいもんです。

酉の市というと「寒い」「冬」の行事というイメージだけど
東京ではまだ薄着で平気なくらい。

久保田万太郎『三の酉』で、
次の年の三の酉までに・・・
というのが思い起こされる。
酉の市の季節になると
この作品を読みたくなるんだ・・・。
その賑わう下町の酉の市の様子や
にもかかわらず寂しい冬の雰囲気が味わいたくて。

昔の人たちが
「今年もこの季節を迎えられた」
と喜ぶ気持ちはひとしおだったでしょう。

岸本葉子『江戸の人になってみる』に
つくづくそうだったろうと書いてある。
いろんな流行り病、火事、地震に見舞われるから。
平均寿命にすると40代そこそこだったとされる江戸の人々です。

江戸の人になってみた暮らしのことが
いろいろ書いてあっておもしろく読めます。

たまたま、今朝のNHKの番組「朝イチ」で話していたことが
そっくりな内容だったので、奇遇に感じました。

家事代行サービスのお話です。
江戸でもそういうサービスはけっこう利用されていたんではないかとこの本の中にあって。
そのサービス業に就く女性がいるわけで
その人も別のサービス業の助けを借りて・・
という循環があったにちがいないという想像が成り立っています。
納得させられます。

町の女性たちも、子守や針仕事を請け負ったり
武家に奉公したりと社会に出る機会があったことだし。
別段、現代特有のことではないように感じられてきます。

この本、「お江戸の一年」の章と「お江戸の一日」の章があって
それぞれ楽しいのですが、
「お江戸の一日」が、より具体的で身近で
読者も実体験できそうな気持ちになれます。

肌寒くなってきたので
うちでも火鉢を使い始めようかと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

2013-07-03 014

小さなこと、つまらないことを丹念にする

小さなことで、つまらないことで、
こんなことに時間を使うのがもったいない、と
思うようなことが、
生活の中にはたくさんある。

例えば、調味料置き場の掃除・整理とか。
そんなこと言えば、部屋の掃除なんかもみんな
つまらないことになって、
おろそかにしていいことになるかもしれない。

そういうことを丹念におこなうことが
暮らしを美しいものにしてくれる、
ってことをもう少し見直していいんじゃないかと思う。

調味料をみんなどかして、調味料置き場を
丁寧に拭いて、台をきれいにしたり、
場合によって古びてしまった台を
取っておいたきれいな空き箱に取り替えてみたり。

どの箱がぴったりスペースにはいるかな、なんて
入れ替えてみたり。
そんな「つまらないこと」を
もっと楽しくおこなっていいんじゃないかと思った。

毎日使う調味料置き場のお掃除、
丹念にきれいにして、
きょうのお料理を楽しくする。

その繰り返し、その積み重ねが
「生活」ってこと、「暮らす」ってことなんだな。
ありがたいことなんだな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

IMG_2311

けっこう趣味いいもの使ってるのに

雑誌や本で、すてきな暮らしをしている人を紹介しているページがあります。

あー、いいなー。
私もこんな暮らしがしてみたい。
なんて思って眺めること、あります。

でも、よくよく見てみると、
そこに写っているものは、私だって使ってるじゃんか!!
ということが、最近ある。
なべ、ティーポット、てつびん・・・
同じものを使ってるのに、
なんで私は「すてきな暮らし」、してないんだ~?

やっぱ、雑誌や本で紹介されている人たちの部屋は
圧倒的にきれいに掃除されている・・・
撮影に向けてきれいにしたっていうこともあるだろうけど。

ある程度はお金をかけて壁や天井を張り替えるなんてことも必要だ。
そのためには働かなきゃ。
そうするとお掃除する時間がない。(笑)

「私のお気に入り」っていうようなものを紹介するページ、
よく見かけます。
きょう買った私のお気に入りは、これです。
IMG_2308

IMG_2309

ドライフルーツ風なんだけど、塩味でさっぱりしていて
元気が出る気がします。

このごろは買ってきたお菓子などを袋のまま置かずに
瓶に入れたりお皿に載せたりしています。
IMG_2310

すてきな暮らしをする人たちのお部屋のように
すっきり片付けるといいんでしょうね。
物の定位置を決めることが大事。

やっと朝夕はさわやかな風。
夏の終わりの猫。
IMG_2311

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

F478CD8E-2DB5-4815-8325-3E191E554E88

夏の幸せ、コーヒー牛乳のもと

コーヒー牛乳。
飲みたいな! と思うときに
さっとおいしいコーヒー牛乳が作れるといい。
だから、コーヒー牛乳のもとが冷蔵庫に入っていてほしい!
夏にはいつも、コーヒー牛乳のもとがあると
小さな幸せを味わえるんじゃないかな。
ってことで、コーヒー牛乳のもとを冷蔵庫に用意。
5A51F1C5-BF33-46CF-9EA8-CCF8B7473A32

F478CD8E-2DB5-4815-8325-3E191E554E88

ラベルも作ってみた。
牛乳を飲んで骨粗鬆予防にもなるでしょう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

F5A098FF-FE60-40A7-81E4-8BB73DDAEC5D

長年使って朽ちない道具二つ

そういえばこれ使い始めて何年になる?
なんてふと思いました。
年寄りの習慣だな〜
まあ、それはいいとして。
エスプレッソメーカー

F5A098FF-FE60-40A7-81E4-8BB73DDAEC5D

714AA993-F463-4D66-A49F-5BD6CD2025D9

このゴムの部分、使ってるうちに朽ちてだめになりそうに思いますが、25年使っても朽ちる様子がありません。もはや一生ものと言えるのではないでしょうか。

それとともに思い出したのがこちら。
変哲のないお掃除用水切り。

11ED6981-EAAA-4F63-8424-51E755F755AA

これも、使ううちに朽ちると予想していたゴム部分が、全く劣化しない、、
まあ実は劣化はしているのかもしれませんが、使用に不足は生じず、25年以上。
現在も、お風呂に入ったあとに壁の水を切るのに毎日使っています。
偉いです。
道具として敬意を払わずにいられないです。
こうありたい。
こういう道具を使って暮らしたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

IMG_2113

薬草茶っぽいのがきらいでなければ

どくだみの葉っぱがカラカラになったので、
きょう煮出してみた。
IMG_2106
どうなるか自信なかったのでほんの一握りだったし、
一度に入れて。
IMG_2107
どんどん煮出した・・・
IMG_2109
最初はちっともお湯に色がつかなかったけど、
さらに煮出すとちょっと色がついてきた。
IMG_2110
火を止めてしばらくおくと、もう少し色がついてきたので、
においをみると、少しどくだみのにおいがする。
ガラスポットに入れて、
IMG_2111
きょうは家にいるので、これで一日の水分をまかなおう! っていう感じです。

飲んでみると、どくだみの香りがして
「薬草」っぽい。
薬草っぽいのがきらいな人には向かないだろうな、っていう程度に。
わたしはけっこう薬草とか香草とか香りものが好きなので
どくだみ茶はありかな、という感じです。

花の咲き始めにたくさん収穫? しておくのがいいというから
まとめて干すといいかもです。
来年忘れなければ
もっとたくさん干してみようかな。

エネルギー補強に、沖縄産黒砂糖とともに。
これも合います!
IMG_2112

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

IMG_2095

コーヒー牛乳はホットからアイスへ、純農応援

コーヒー牛乳が好きで、年中飲んでいます。
と言っても、コーヒー + 牛乳 でその都度作る方式。
朝ごはんのあとが多いかな。
冬はホットで、夏はアイスで。
ホットからアイスにしたくなる気候が、ちょうど今ごろ!
あ~、アイスのほうが飲みたい、って感じるんですね、
にっぽんの夏が近づいてくると。
というわけで、きょうからアイスでコーヒー牛乳。
IMG_2093
エスプレッソと濃いインスタントコーヒーをミックスした
特製(というほどじゃないが・・・)コーヒー液を作っておいて、
牛乳で割って飲みます。
おいしいですよ。ほんと。

そして今朝は、先日購入した
純農という企画のいよかんも一緒に。

IMG_2094

IMG_2095

なんか、一口一口よくかんで味わいたくなる滋味があります。
ていねいに作ろうと思う人と、そういうもの食べたいと思う人が
マッチングできて、いいんじゃないかな、と思う。

フェリシモ 純農 愛媛県の大自然で大切に育てられた 柑橘類のしっとりドライフルーツの会【送料:450円+税】

土曜から干し始めたどくだみの葉っぱ。
IMG_2096
かなりカラカラになってきました!

台所劣等生お手製、豆と昆布はおいしくいただきました。
IMG_2089

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

IMG_2084

台所劣等生、気が向いたら昆布や豆を煮よう

お料理好き、台所仕事好き
ってわけじゃないずぼらな人の場合、
気が向いたらすることに、、
昆布や豆を煮る ってことがある。
気が向いたときは、
これをいつもするといいんだけどなあ~
と思うんだけど、続かないのが現実・・・。

きょうは気が向いたので昆布と大豆を水にひたしています!

IMG_2084

昆布は築地仲卸 伏高さんで買った、うちとしては高級品。

IMG_2083

だしをとったあと、もちろん煮て大切に食べます。
いつも食卓に昆布の佃煮が出ているというふうにしたいと
やる気のあるときは思うんだけど、
なかなか習慣にできないだめな私・・・。
とりあえず、きょうはがんばる。

大豆を煮るとき、柔らかくふっくらと煮るのが良いとされています。
ところが、食べる人の好みはいろいろでありまして、
うちでは、硬めに煮た豆が好まれています。
そこで、十分水に浸しておくところは同じですが、
煮始めるとき、最初っから砂糖を入れてしまいます。
そんなのだめだよ、って言われるでしょうが。
時間はけっこうぐつぐつ煮ます。
最後煮詰めて、砂糖と醤油の香りが立ちます。
そうすると当然、硬めの歯ざわりの煮豆ができあがりまして。
うちではその硬さがおいしいってわけで。
そんな好みもあるってことで。
家庭の料理って、家族の好みに合わせて変わりますよね~。

おととい摘んで干し始めたどくだみの葉っぱ。
きょうの様子は、こんなです。
IMG_2085

梅雨入り間近。
この季節は嫌われものですけど、
もっとも日本らしい季節でもあります。
お香を焚いて湿気も楽しみましょう。

あ、あした、品川区三曲協会の演奏会が
大井町駅前のきゅりあんで開かれます。
「日本の調べ」品川区三曲協会 三十周年記念演奏会

好きで日ごろお稽古を続けている人々が集まって
成果を披露する演奏会。
プロのようなわけにはいきませんが、
お琴や三味線や尺八や胡弓など、
和楽器の合奏っていったいどんなの?
と思ったらちらっと覗いてみると
「へーー、こんな感じなのね」と思うのではないでしょうか!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

IMG_2080

どくだみがあったからお茶を

東京の場末に住んでいます。
家の横にどくだみなんか生えてます。
白い十文字の花が爽やかでけっこう好きです。
それ以上のことは考えてなかったんだけど、
「どくだみ茶」なんて作ってみようかと
思いまして、
さっそく葉っぱを少しだけ採集に及びました。
初めてだし、内心、半信半疑でもあるのでほんの一握りだけ・・・。
葉っぱを切って、あまった花を土瓶に挿しました。

IMG_2080

IMG_2081

物干しに置いて乾かす。
IMG_2082
干すためのザルなんかは常備してないので
とりあえず、いつも使ってる水切りざるで。
カラカラになるまで乾かすっていうけど、
どのくらいでカラカラになるものやら・・・。

家仕事の本を見て触発されたってわけです。

できることからゆっくりとやってみましょう。
時間をかけてできあがっていくものが
むしょうにいとしくなる心境のときってありますね。

身近に能率度外視の部分も必要ではないかな、とか思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

ご飯炊き専用土鍋を導入したら

土鍋(のふた)を割ってしまったので、
新しい土鍋を買いました。
IMG_1658

うちでは土鍋を毎日のご飯炊きに使っているのですが
これまでなべものと共通で一つだけでした。
だからなべものの日は
ご飯をふつうの鍋で炊いていたわけです。

こんど新調するにあたり、ご飯炊き専用のがあるなら
それを導入してみようかという気になりまして、
少し下調べなどして
5合炊きを購入して使い始めました。

使ってみての感想、
「やっぱご飯炊き専用で作られてるだけあって
よくできてるわ~」

ご飯炊きを難しそうだと考えてる人も
「これなら炊飯器いらんわ!」
と思うことができると思います・・・
うちはもともと土鍋使用でしたが
それ以上にシンプルに炊けますわ~

お米と水を入れる
IMG_1653

うちぶたをする
IMG_1654

ふたをする
IMG_1655

沸騰して蒸気が上がってきたらもう火を止めていいんです。
鍋底が厚いから熱が保たれるということです。
お米の量によって当然時間は違いますが、
3合程度で10分ぐらいです。

蒸らしの時間を多少とってできあがり。
「多少」っててきとうな言い方ですけど
ほんとうにてきとうでだいじょうぶですよ。
平均的には10分くらいかな、っていう感じで。
蒸らしが足りなくてもそれはそれでおいしく食べられるので
みんなが揃ったら食べちゃってへいき。

朝起きてすぐ火をつければ
身支度して顔を洗って
お茶碗などを出している間に出来上がる感じですね。

この写真は6分づきの玄米です。
IMG_1659

内蓋があると洗い物が増えるから面倒かなー
などと思っていたけど
どうってことなかったです。
こびりつかないようになっているのか
すぐにとれますんで。

土鍋でご飯、おいしくって速く炊けます。
あ、当然、吹きこぼれもぜんぜんいないです。

・・・で、もと使っていた土鍋は、
ふたは割れたけど本体は健在なので
こんなふうにスタンバイしているんですけど、
まだあまり暑くないせいか
使用に及んでくれません・・・
IMG_1666

冬の頃の2匹・・・ねこ20180106

新しいご飯炊き用土鍋導入と
もし炊飯器から土鍋への移行を迷っている方がいたら
迷わなくていいんじゃないかな~
というお話でした。

ご飯は多めに炊くので5合炊きにしました。

商品のページを見ていろいろ検討したい人がもしいらっしゃったら、ご参考にリンクはこちらです。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村