カテゴリー別アーカイブ: グルメ・クッキング

ご飯炊き専用土鍋を導入したら

土鍋(のふた)を割ってしまったので、
新しい土鍋を買いました。
IMG_1658

うちでは土鍋を毎日のご飯炊きに使っているのですが
これまでなべものと共通で一つだけでした。
だからなべものの日は
ご飯をふつうの鍋で炊いていたわけです。

こんど新調するにあたり、ご飯炊き専用のがあるなら
それを導入してみようかという気になりまして、
少し下調べなどして
5合炊きを購入して使い始めました。

使ってみての感想、
「やっぱご飯炊き専用で作られてるだけあって
よくできてるわ~」

ご飯炊きを難しそうだと考えてる人も
「これなら炊飯器いらんわ!」
と思うことができると思います・・・
うちはもともと土鍋使用でしたが
それ以上にシンプルに炊けますわ~

お米と水を入れる
IMG_1653

うちぶたをする
IMG_1654

ふたをする
IMG_1655

沸騰して蒸気が上がってきたらもう火を止めていいんです。
鍋底が厚いから熱が保たれるということです。
お米の量によって当然時間は違いますが、
3合程度で10分ぐらいです。

蒸らしの時間を多少とってできあがり。
「多少」っててきとうな言い方ですけど
ほんとうにてきとうでだいじょうぶですよ。
平均的には10分くらいかな、っていう感じで。
蒸らしが足りなくてもそれはそれでおいしく食べられるので
みんなが揃ったら食べちゃってへいき。

朝起きてすぐ火をつければ
身支度して顔を洗って
お茶碗などを出している間に出来上がる感じですね。

この写真は6分づきの玄米です。
IMG_1659

内蓋があると洗い物が増えるから面倒かなー
などと思っていたけど
どうってことなかったです。
こびりつかないようになっているのか
すぐにとれますんで。

土鍋でご飯、おいしくって速く炊けます。
あ、当然、吹きこぼれもぜんぜんいないです。

・・・で、もと使っていた土鍋は、
ふたは割れたけど本体は健在なので
こんなふうにスタンバイしているんですけど、
まだあまり暑くないせいか
使用に及んでくれません・・・
IMG_1666

冬の頃の2匹・・・ねこ20180106

新しいご飯炊き用土鍋導入と
もし炊飯器から土鍋への移行を迷っている方がいたら
迷わなくていいんじゃないかな~
というお話でした。

ご飯は多めに炊くので5合炊きにしました。

商品のページを見ていろいろ検討したい人がもしいらっしゃったら、ご参考にリンクはこちらです。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

ゆるく暮らす、おいしく食べる

お米はつきたてがおいしい。

今度、小さな精米機を取り入れて
炊く直前に精米するようになりました~
導入してもうすぐ2か月。
無理なく続いております!
IMG_1641

お米の隣りにちょこんと置いておけるサイズの精米機なので
一緒に取り出してサッと使えるのが
めんどくさくなくて良いです。

そしてもはや、精米機のカップでお米の計量も兼ねています。
らくです。
今は6分づき前後にしています。
好みによりますが、白米と違和感なく食べられます。

もっと白米に近くしたいな~という日があったり、
玄米に近くしたいな~という日があったり。

楽しくおいしく栄養もあって腸にも良くて。
小さな精米機を愛用中です。
母も使いたいというので注文して送りました・・・
やっぱり小さく軽くて、すぐ取り出せるというのがカギみたいです。

ちなみに商品はこれです。↓
いろいろ比べるときのご参考に・・・

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

調味料「かえし」作り、リピートせずにいられません

『おつまみ一行レシピ』で知って作ってみた調味料「かえし」。
簡単で便利で美味しくて、
リピートせずにいられません。
前のがなくなってきたので、
IMG_1016
きょうも作りました。
IMG_1014
今のところ、500mlのしょうゆを買ってきて、
全部をかえしにして保存するという方式にしています。
みりんは三河みりん。
調味料がおいしいとお料理に自信がなくても
おいしいおかずができる気が・・します!

お料理するときに
砂糖・みりん・しょうゆを加えるのとおんなじかと思うと
そうではない、っていう実感がします。
「味が練れている」と、
『おつまみ一行レシピ』の著者やまはたのりこさんが書いていますけど、
ほんとにそんな感じです。
ほうれんそうや小松菜やブロッコリーやアスパラに
ドレッシング感覚でも使えますし、おいしくてなにかと便利です。
作り方も分量もとてもシンプルですし、、
(しょうゆ500mlなら、砂糖・みりん各100ccで、
砂糖・みりんを混ぜて沸騰させ
しょうゆを加えて白い膜が覆い始めたら火をとめてさます)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

ちっちゃくなったかつお節をまとめて

ちっちゃくなったかつお節、どうするのがいいのかわからない。

なるべく活かしたいので、
かけらをまとめてネットに入れて
鍋のお湯にドボンと入れました。

とれた出汁を製氷皿と保存容器に入れて冷凍室へ。

Img_0845

そして、ネット入りかつお節は、何度か繰り返し使うことに。
出汁をとったら冷蔵庫に入れてとっておきます。
もうだめだ~ となったら、捨てるつもりです。

最初から数えて4日間、5,6回使ったけど、
まだじゅうぶん出汁が出ていい匂いがするので
まだ現役・・

Img_0844_3

きょうもお味噌汁の出汁をこれでとります。[E:happy01] 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

豊かな日常ってなんだろうー哲学の味噌

味噌を作るのに哲学なんかいらない。
けど、日常生活を「豊か」にしたい、という哲学と
味噌作りはおおいに関連がある。

生きてるいじょう、生きてる間は、
楽しくて充実した毎日を送りたい。

でも、自分にとって豊かな日常って、どんな日常?
それは、心を豊かに持つ暮らし?
食事をおいしいと感じていただける暮らし?
やりたいことがあってそれに熱中できる暮らし?
それらぜんぶ?
だれしも悩んでる。

人さまざまだけど、
世の中にあるほんとにおいしいと思える食べ物を味わえるのは
だれにとっても幸せなこと。

だから、和の味の総元締め、味噌・醤油・出汁は
肝心ですよね。
そこに自分がおいしいと思うものを据えると
幸せがぐんと近くなる、ってわけで。

味噌作りは、そういう意味で、
豊かな日常を作る道筋のひとつです!! たしかに。

今年、うちでは、
マルカワみそさんの、材料をセットにして送ってくれるものを利用しました。

福井県の味噌屋さんです。
IMG_0843.JPG

煮る
IMG_0837.JPG

つぶす
IMG_0839.JPG

塩と麹と混ぜる
IMG_0840.JPG

樽に入れる
IMG_0861.JPG


ってことで、まずは始めてみることを、ぜったいおすすめしたいです。

味噌作りで毎日のごはんを大切に

味噌を作りました。
5回目ぐらい。

最初に作ったのが20年ぐらい前でした。
引っ越ししたり、機会を逸したり、
なんとなく面倒だったりで、
とびとびになってます。

作る量も、あるときは大量に作りすぎたり、
材料を買う先もいろいろ変わったり・・

今回は、マルカワみそさんの手作り味噌セットでいたしました。

Img_0843

量を測ったりする手間がなく、
箱を開けてすぐ作業できるので気が楽です。

煮ます

Img_0837

つぶします

Img_0839


混ぜます

Img_0840

Img_0841

ってことで、樽に入れ、じっと待ちます。

5回目ってことで、
出してくる道具とか、作業する場所とか、手順とかは
なんとなくわかってるので、スムーズです。

恒例行事になるとうれしい味噌づくりです。
今回買ったマルカワみそさんをはじめとして
麹の種類とか甘口・辛口の別とか
さまざまあるので、
好みの味噌を作ると楽しいですよね。

やっぱり味噌や醤油は、
毎日のごはんとおかずを
おいしくするのに欠かせないですしね~
食生活を充実させてくれます。
豪華にする、という意味でなく、
出汁とともに、深い味を教えてくれる、という意味で。

味噌は、ごはんにつけるだけで
おいしい味噌むすびになるし。
思い浮かべるだけでもお腹がすいてきます・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

ラッキー感高まる雪国のシェフおすすめデザートプレート

元旦、新潟県長岡駅前ホテルニューオータニ一階
アゼリア
シェフのおすすめデザートプレートを注文しました。

予想をはるかに超える豪華な盛り合わせで、
コーヒーもおかわりでき、
ゆっくりと過ごさせてもらいました。

Img_1750

これで一人分です。
大晦日から元旦はとかくおもちやお料理で満腹ぎみですが、
元旦午後は節食し、次のおいしいものに備えていました。(笑)
おなかをすかせて行ったほうがむしろ良いくらいのデザートプレート。
シュークリームはシューアイスになってます。

かなり時間と手間をかけて盛り付けてくれる感じです。
元旦にラッキー感が高まりました。

幸せは、自らの心の中から作り出すもの。
佳い年にするよう、がんばりましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

ユズをつい余らせてしまう怠け者に

ユズをつい余らせて、しなびさせてしまう怠け者です。

たくさんもらったら砂糖と煮てジャムにしておこう、と思うのですが
後回しにしがち。
そのうちしなびてしまうのです。[E:think]

でもこのごろは、電子レンジでもじゅうぶんジャムっぽくなると知り、
しなびさせなくなりました。

ユズを、皮も実もとにかく適当に切って容器に入れ、
砂糖を好みの量かけて混ぜ、
電子レンジで加熱。
「あたため」の高温でなく、300W程度のほうが良いそうです・・
ジャムみたいにとろりとしたらできあがり。

瓶などに入れておいて
ただお湯を注いで飲んでもいいし、紅茶に入れてもよし。
いずれも、「あ~幸せ」 という気分になれる
飲み物ができあがります。
ただお菓子のようにして「食べる」のにもいい。
ちょっと疲れてきた午後や夕方にありがたいです。

Img_0760

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

愛用のエスプレッソメーカーで冬のミルクコーヒーをほっこりと

夏もアイスでミルクコーヒーを楽しんでいました。
よりおいしく淹れたいと淹れ方を改善したりするのも楽しいもの。
このごろは、冬を思わせる日々なので、
さすがにミルクコーヒーもホットに移行。
冬の淹れ方は、エスプレッソがおいしいです。
IMG_0639.JPG
そして、このペリーニはかなりおいしいミルクコーヒーができます。
カップに牛乳を好みの量入れておいて、
これも好みで、黒みつを加えます。
そこへ、あつあつのエスプレッソをジャッと入れます。
IMG_0638.JPG
いま使っているエスプレッソメーカーは、
その昔、結婚祝に友人からいただいたものです。
3カップ用です。
エスプレッソなので量は少ないため、
お一人さまのときのミルクコーヒーなら
牛乳の量によって、
1杯目はストレートで、2杯目は黒みつを入れてほっこり甘く・・・
っていうのもまたおすすめです。
IMG_0643.JPG
ずーーーっと使っています。
すでに 「愛着」というよりは、「空気」か「同志」と言うべき存在のような・・
使い込んだ道具の良さがでていると思います。
良い道具は、使うたびに満足感を運んできてくれるので

うれしいですねー。

冬は牛乳をほとんど飲まなかったのが、
このミルクコーヒーを淹れるようになってから
冬もよく牛乳を飲むので、
骨粗しょう症の予防にもなるかと・・
このお店の「伝統に若さを加え。」というポリシーも良いです。

柑橘好きへのスペシャルプレゼント

柑橘好きです。
ジャムの中ではオレンジマーマレードが一番好きかな~
オレンジの皮の歯ごたえとか苦味とかすっぱさが良いですねー。
もし、似た好みをお持ちの方がいましたら、
これをご紹介したいです。

20161002_080307

夏みかんスライス!

萩あたりには、夏みかんものの製品、多いみたいですね。

20161002_080323

夏みかんの上下のほんの一部分だけをスライスしたものが
このようにいっっっっっぱいはいっています。
たくさんの夏みかんたちから作られているというわけで、
工夫の産物ですね。

20161002_0824521

まずは、ヨーグルトにのっけていただきました。

日曜の朝、NHKラジオ、
皆川達夫さんの『音楽の泉』を聴きながらこれを
食べる・・・幸せです。[E:confident]
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村