カテゴリー別アーカイブ: レトロなもの

素の自分がほしがる本って

仕事で必要な本とかじゃなく
素の自分がほしがる本って
どんな本でしょう。

人は作者で本を買うことが多いって言われています。

その説にうなずきます。
久保田万太郎。
井伏鱒二。

IMG_1760

『だれにいふともなく』
昭和22年、戦後間もないときにこのような本が・・・
IMG_1761
紙のてざわりや
印刷のかすれ具合なんかも
確かに読む楽しみの重要な一部にであることを確信する一冊。

『荻窪風土記』
家にはたしかなかったけど、図書館で借りればいいかなー
と思いながら手にとって
最初のほうのページをめくると
この部分が目にはいって
IMG_1762
「ははっ・・」と笑ってしまったので
買うことに。

神保町古書会館の古書展では、
意外な本、久しぶりな本との出会いがあるので
楽しいです。
ほぼ毎週金土曜日にやってるよ!
東京古書会館

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

古き良き丁寧なくらしとともにあった モノたち

IMG_1730

8月3,4,5日、東京ビッグサイトで
デザインフェスタもあったけど、
骨董ジャンボリーもあった!

デザインフェスタのほうを選んだときもあったけど、
今回は骨董ジャンボリー!

骨董市に足を運んだ回数は数知れないけど、
見る自分の目や興味が変わるので
毎回楽しめます。

和骨董にかたむいているときや
洋ものに興味が行ってるときや
おもちゃのコレクタブルとか昭和40年代ものに惹かれるときもある。

今回はなんだか和骨董が久しぶりに懐かしく感じられて
いちばん丹念に見たかも。
古き良き、まだ時間の流れがゆっくりだった時代に
人びととともにあったモノたちが
眼の前にあることが
なんだか尊い気がして。

買うものはというと、
そういう気分とはちょっと離れて
これでした。
IMG_1735
古い時代のゆかしいもの、小さなもの・・・
いいですよね。

>>次回 骨董ジャンボリーは2019年1月

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

まねして花柳章太郎

大高郁子さん絵の
名刺判久保田万太郎句抄を買って
愛蔵しているわたし。
IMG_1520

小さな活版印刷機も愛蔵しているわたし。
IMG_1386

IMG_1401

花柳章太郎句抄も愛読しているわたし。
IMG_1667

こんなのを書いて
雨の日の昼休みを過ごしました。
ひらがな部分だけ活版印刷!

IMG_1665

小さな活版印刷機には漢字がないのよねー。
どうするといいのかな~?
これから徒然なるときに
またこれやってみようかな・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

旧暦で師走の晦日、少し暖かな日は火鉢で暖を

和楽の付録でもらった旧暦カレンダーは、
新暦と二列で表示されているので
実用的に使えます。
右の細長いのがそれです。
IMG_1409

旧暦ではきょう、2月15日が師走の30日とわかります。
以前、旧暦だけのカレンダーを使ったときは、
けっきょく実用としては不便で
あまり活かせませんでした・・・

今年はお米屋さんでもらった日めくりカレンダーも
横にかけて毎日、標語も楽しみながらめくっています。
IMG_1410
近所の神社に初詣に行ってもらってきた神社の札も
いっしょに貼っちゃってます。

ためておくと忘れて行かずじまいになっちゃうことも多い
演奏会情報もここに貼ったりして・・
年越しのころからなんとなくこの状態になって
今のところ楽しく使っているこの壁面です。
いま一番上に来てるのは、これ!
IMG_1413

東京では少し暖かく、日中はストーブもいらないくらい。
そういうときは、火鉢です。
今のわたしたちには、火鉢の火で暖をとるには
暖かさが弱いので、
少し暖かい日に手元に火を置くのにちょうどよい感じですよ。
IMG_1416
火おこしをガステーブルに置いて炭に火を起こします。
IMG_1412
安全装置が働いて火が消えてしまうので
10分、とか設定をしておくと良いです。
ついたと思っても、10分くらいは火に載せておかないと
表面が赤くなっているだけのことが多いです。
IMG_1411

炭の量が少なすぎると
火鉢の灰の中に置いたあとすぐ火が消えてしまうので
小さな手あぶり火鉢でも5,6個の炭を入れたようがよいです。

外出するときは、
空気を密閉できる「火消し壷」に炭を入れれば安全です。
火消し壷なんてふつう持ってるわけないですね。
わたしも持ってません。
100円ショップの一人用土鍋の
穴に粘土をつめて代用しています。
念のため、玄関などの
土鍋の底が熱くなっても大丈夫な素材のところに置きます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

ひとり夕飯で使った食器たち

夕飯をひとりで食べて
洗い上げた食器たちをふと見ると、
ばらばらな雑器ではありますが
気に入って買ったりもらい受けたりした
器たちが並んでいました。

フェリシモ1

フェリシモ2

古道具市で出会ったものなど、
わりと古風なものが多いです、やっぱり。
ご飯茶碗は昔の子ども用・・
小さなお皿にちょびっとずつおかずをのせて
いただきました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

ライヲン百貨店・・2日間だけの小さな百貨店へ

IMG_1274
浅草ライヲン百貨店。

あったらぜったい行きたいお店。
そしたら、2日間だけの小さな百貨店として現れました。

自分の手作り品を売る人や
アンティークを売る人、
さまざまでした。

入り口で案内してくださる人をはじめ、
お店のオーナーさんたちが
みんなフレンドリーなのがよかったです。
知り合いでもなく
アンティークに詳しくもなく
なんとなく気後れしながら訪れた
わたしのようなお客も、
リラックスして楽しめました。

そして、こんなの買いました。
IMG_1272
フランスの古いシャープペンシル!

いつもながら多くない予算で、
ブローチもすてきなのがあったけどあきらめて、
これを買いました。
いや~、文房具には弱いです。
ちゃんと芯を出し入れできて、書けます。
芯は製図用品のところで買える太めの芯です。

こういうところでの、
お店やお店の人との出会いは、うれしいものです。
売る人と買う人ではあるけれど、
好きなものが似ているからでしょうね。

電車の関係で、浅草から蔵前駅へ歩いていたら、
かねて行きたいと思って行けないでいたチェコ雑貨のお店が
ありました! 驚きました。
で、こんなん買いました。
IMG_1273
ウランボタン
光を当てるとみどり色に光ります。

チェコのものって、絵本をはじめ、
なんか素朴でかわいくていいんですよね。
>>チェドック雑貨ストア浅草

そして、神楽坂のお祭りへとはしごして、
毘沙門天で浪曲や女流義太夫を聴いたという、
すばらしい秋の休日でした・・・
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

ゆかしいから買います

何かを買うかどうか迷ったとき、
決め手になるのは、わたしの場合、
「ゆかしい」と思うかどうかです。
アンティークものを買うときは特にそうかもしれません。
で、このたび、
ゆかしいと思ったので、買いました。

IMG_1157

ニードルブック。
だれかが刺繍したかわいい小鳥がついています。

IMG_1156

多摩川線多摩川駅前のお店で買いました。
>>マチルドインザギャレット

アンティークものと本は、お金がなくてもなぜか買いたくなります。
だれでも自分の好きなものはそうですよね。
オシャレ方面のものは、買わないで我慢できるのに・・

あ、それと、こちらのお店では

>>たまぴかクロスも置いていて、便利に使えるので行くと買います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

汗の季節にガラ紡、いいものはずっとそばにある。

「ガラ紡」ってものだと聞きました。
有楽町の出店でした。
で、良さそうだったので買いました。
何年も使ってます。

IMG_1152

何気なく使っていたので、意識していませんでしたが、
今年、汗の季節になってふと思うには、
何年も使って何百回となく水をくぐっているけど、
汗を拭いてもいやなにおいがしないな~
ってこと。
で、買い足そうかな・・と思っています。

あのとき買ったお店の人、今ごろどうしているかな・・
感じのよい若い女性だった・・
なんて回想しているところです。

いいものって、こうやって残っていくのかもしれません。
とくべつ意識していなくても、
いつも横にあって、ふとしたときに、
良さが心にしみてくる・・

さいきん、レコードの生産が再開されたって聞きました。
ちょっと似た現象かもしれません。
レコードの音、
なんだか耳だけでなく、
肌からしみとおってくる心地よさがあります。

いいもの、残したいですね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

農村の雑貨屋さんの在庫品?

農村の「何でも屋さん」に置かれていた日用品だったのでしょう・・
農家の女性たちがいつも髪をといていたクシって
こんなだったんじゃないかなー。
IMG_1033
未使用なので、在庫品のまま、
その何でも屋さんは店をやめたんじゃないでしょうか。
お店から、どんなふうにして
ほかにどんなものと一緒に
運び出されたのか?
そんな想像をしながら、
わたしも髪をとかすのに毎日使っています。
いつごろのものなんですかねー?
昭和のはじめ?
IMG_1034
片側にはめる、こんな木のサックがついています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

「ゆかしいもの」入れ

向田邦子さんが、「『う』のひきだし」
っていうのを作っていたと読んだことがあります。

これです↓
IMG_0984

うまいものの情報をビリっと破って引き出しにいれておいて
ここぞというときに人に贈ったり、
ふと食べたくなったときに取り寄せて味わう、っていうもの。

で、整理がへたで、紙ものが好きなわたしも、
これのイメージで、
「ゆかしいもの」を入れるひきだしを設けました。

これです↓
IMG_0987
古い小引き出しをそれ用にしたというわけです。

ちらしや雑誌の中の絵や写真で、好きなものを
切ったり破ったりしてとっておくのですが、
整理しないであちこちにはさんだり散らばらせておいたりして
結局ぐちゃぐちゃになって捨ててしまったり、が多いんですよね。
そうならずに、きれいな絵や写真をとっておいて
使ったり見たりするように。

自分が「ゆかしい」と思う絵や写真が集まっているひきだしが
育っていくのは、楽しみです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村