カテゴリー別アーカイブ: レトロなもの

明治時代、堀口大學たちが立ち寄ったコーヒー店のコーヒー今も

堀口大學聞書き 『日本の鶯』関洋子著 に、
「明治43年の三田の塾は・・」
という話が出てきます。

同級生がたった3人しかいないっていうんですが、
その3人が講義を休んで遊びに行く経路が

三田から芝公園を振り出しに、
新橋に出て、
駅の待合室でちょっと休憩。
それから銀座へ出て、

カフェ・パウリスタに立ち寄ります。
・・・

その日のふところ具合で、

コーヒー一杯でねばることもあれば、

焼リンゴとかドーナツを注文することもある。・・・
なんて書いてあります。

芥川龍之介の作品にもこの店が出てくるのは有名ですが、
堀口大學さんも行ってたんですね。

今もつづくコーヒーのお店で、
おいしいコーヒーを

提供しつづけているってわけですね~

おいしいので、わたしまでが

定期購入してるんです。

11

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

古道具カップで冬のティータイム 午後の光の中で

冬至から、だいぶたったとはいえ、
日が暮れるのはまだまだ早い。

冬の午後は
あっという間に、夜の闇につつまれていきます。

午後のお茶の時間は、
そんな、なんとなく気が急くような、
それでも、ストーブの火であったかくするのが
幸せなような気持ちです。

20130112_001

ちょっとアンバランスだけど・・

お土産のりんごほうじ茶
萩焼のいつもの急須でいれて
古道具市で買った里帰りのコーヒーカップで
楽しみました。

ソーサーが継いであるので
わりあい安く買えたのです。

好きな鳥のもよう。[E:chick]

繊細に描きこまれた
どこかの浜辺の景色を眺めていると、
古き良き、静かな時代に
浜辺で暮らした人たちの暮らしが
想像されます。

20130112_004

20130112_003

お茶の時間の和みは
こんなことからも もたらされます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

お茶にケーキにレコード・・が心を休め癒します

お茶・・お茶菓子によっていろいろだけれど、
チーズケーキが好きなので(*^ω^*)、
その場合はコーヒー[E:cafe]

このごろ うちに集まってきている
(つまり買っているんです)
レコードを聞きながら、っていうのが、
たいへんに休まっちゃうんです。

古いLPやらSPやらのレコードが、
今ではほとんどのおうちにプレーヤがないだけあって、
安く売られています。

それを購入してきまして、
夕食後のんびりできる時間に
座椅子なんかに寄りかかりながら聞きます。

これが、ただ今ひどく気に入っていまして。

これらはいつごろ作られたレコードなのか・・?

20130112_007

20130112_006

レコード針によって出される音が、
なんだかゆったりしていて
わたしの感性には
ちょうどいい感じがします。

たまにこんなのも・・

20130112_005

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村