カテゴリー別アーカイブ: きょうの行動

浅草寺伝法院 庭園拝観

P1030722いつもは非公開の
浅草寺伝法院の庭園が拝観できるので歩いてきました。
収益を東日本大震災の義援金にするそうです。
晩秋の静かな庭をゆっくりと歩いて過ごすひととき、なごみました。

庭園から見ると、五重塔のずっと右方向に、
スカイツリーがそびえ立っていました。
新しい景観が生まれていたんですね。

実は、東京に住んでいるけど、
実際にスカイツリーを見たのは初めてです。
テレビでは見たことありますけど・・

P1030727

庭園拝観と同時に、いくつもの大絵馬が展示されていました。

浅草寺では、江戸時代にたくさんの絵馬が奉納されたため、
とくに絵馬堂が建てられたくらいだったそうです。

見る前は、
「絵馬ね〜、興味あるわけじゃないけど、まあ見ていくか・・」
という気分でした。

見てみると、
絵馬って、こういうふうに芸術的にも見応えのあるものなんだ。
とか、
いろいろな人たちの願いがこもったものなんだ。
とか、
新しい感慨がありましたね。
訴えかけてくる力があります。

歴史的な名場面が見上げるばかりに大きく描かれた絵馬は、
下から見上げる人びとを圧倒します。
名だたる絵師たちが描いた「作品」だけに、見事です。
わたしはお芝居が好きなんで、
5代目菊五郎が奉納した「茨木」の絵なんか、けっこう感心しました。

また、奉納した人の名前が彫りつけられていたりすると、
こういう名の人がかつて生きていて、日々を営んでいたんだ、
絵馬を奉納する気持ちを起こすような出来事があったんだ、と
思いを巡らせたりさせられます。

また、幕末の三舟の書額もあり、迫力がありました。

明治時代や大正時代に
これらを絵馬堂で見上げた人たちの姿を想像するのが
また楽しいです。
浅草寺はその頃もいつも、
参詣人やぶらぶら歩きの人たちで賑わっていたでしょう。
きょうも平日にもかかわらず、老若男女でいっぱいの人出。
スカイツリーも加わって、また新しい浅草になっていくんだと思います。

ところで、スカイツリー周辺は、
道路や建物の工事で、上を下への大騒ぎっていう雰囲気でした。
マンション・オフィスビル・商業施設ビルの建設、駅の改修・・
業平橋界隈はきっと、別のところのようになっちゃうんじゃないでしょうか。
スカイツリーの名をかぶせた会社なんかももうできていました。
いつの世も新しいものは耳目を惹きつけ人を呼ぶけど、
古いものが無闇に壊されてしまわないように願いたいものです。
業平橋駅は駅名も変えるそうです。
そういえばかつて、玉の井の駅名が東向島になりましたね〜

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

歌舞伎座建設中

歌舞伎座の通りを通ったので記念に撮りました。

P1030463

きっと、東京スカイツリーのように、
毎日成長の様子を撮影してる人がいるんじゃないかと思います。

ここにあの歌舞伎座があったとはわからないくらい、
今は建設中の建物もまだガラーンとした状態です。

あと2年くらいして立派な建物が建っちゃうと、
今度は、今のこの荒涼とした状態が
信じられなくなってしまうんでしょう。

新しい歌舞伎座の完成を待たずにあっちの世に
行ってしまった役者さんもいたり。
歌舞伎は、藝の伝承もさることながら、
劇場という入れ物の面でも、時の流れの静かさと激しさを
りょうほう感じさせます。

映像でたどる国立劇場の歌舞伎 その1

国立劇場の歌舞伎公演の歴史を映像と座談でたどる催し。
その1は、昭和41年から56年までということで、
坂田藤十郎と中村梅玉両丈を招いての会でした。
進行が織田紘二氏でした。

国立劇場の設計公募のところからはじまって、
皇居お濠のほとりで工事が進んでいる様子の映像もあって、
珍しかったです。

昭和41年開場ということは、戦後20年あまり、
地鎮祭や開場式に集まる人たちが、
かねてからの悲願であったこの施設が実現したことを、
喜ぶ様子が伝わってきました。

「菅原伝授手習鑑」2代目鴈治郎の時平
桐一葉 寿海の木村長門守
猿之助のこの劇場で初めての宙乗り
文楽座出演の道行き恋のおだまき 3代目左団次の求女

見たことない映像がいっぱいで、楽しかった・・

まわりで見ている人たちの中には、これを見て
「なつかし〜」
と感じていらっしゃる人たちも多いんだろうと思いました。

歌舞伎って、こうして、時代は違っても変わらない、
人間の喜怒哀楽を表現しているから、
受け継がれて、たくさんの人の感動を呼び続けるんだと思います。

そしてなんといっても、役者さんたちの藝が美しい。

たった1時間半でしたけど、
映像もお話も、めいっぱい味わえたひとときでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

秋の日に誘われて連想したこと購入したもの

050927_162001

きょうは夜から寒くなるそう・・

まだ暖房器具はなにも出していないけど、

今年は節電が大事な年でもあり、

火鉢も使おうかな。

桐の手あぶり火鉢だから、暖房とまではいかないけど、

ちょっと肌寒いときの補助器具にはなると思う。

炭火を火箸でいじるのは、なぜかとっても癒されます。

弱くなった火に、

フーッフーッっと息を吹きかけて、

あかあかと燃やすとか、

二個の炭をくっつけて火を移すのとか、

無心で楽しめちゃいますよ。

それから、そろそろ街のあちこちに、菊の花が咲いているのが見られるようになりました。

Dscf0128

「清且芳」

清く、かつ、美しい

菊の花のさまになぞらえて、人もそうありたいという書です。

壁にかけていつも見て心がけてます・・

うちには床の間がないので、これはただのタンスの上のスペース。

P1030254

玄関は、流れにかいま見える紅葉の図。

染め物の型紙です。

きょうは、ひとつ先の駅まで自転車で行ってそこから電車に乗ってみました。

秋の日が心地よかったけど、ちょっと疲れた・・

だから、帰宅後、くるみゆべしでお茶を飲み、

あまつさえ、

コーヒー豆の広告を見て、思わず購入してしまいました!

来るのが楽しみ[E:cafe]

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

用事の前に30分時間があいていたらどうするか

日本橋美人博覧会という催しが
日本橋界隈をはじめ近在の会場で行われています。
水道橋駅あたりで30分ほど時間があいていたので、
たしか
「庭のホテル」
というところで浮世絵の展示があるって載ってたのを思い出し、
見回すと、駅すぐのところにありました。
さっそくはいりこんでみました。
ちっちゃなロビーに6点ほどの浮世絵。
ちょこっと寄って荷物を置いて
休みつつ見るのにちょうどよかったです。
小さなホテルのようで、
ロビー横のガラス張りの向こうに
細長い「庭」がしつらえてあります。
そこの石のくぼみに水がたまっているところで
スズメが水を飲んでいるのがとーってもかわいくてよかった。
いつのまにここがホテルになったんだろう?
前はなんだったんだろう?
と思いつつ、
置いてある神保町の冊子なんかを見たりするうちに、
30分はたちました。

P1030250

これは垣根・・

駅の反対側の宝生能楽堂へ。
今月末は古本祭りだからまた神保町に来るつもり。

ネコさんの保冷剤を横取り

きのうより、さらに暑いかもしれないというきょう。[E:sun]
きのうだって、うんざりするくらい暑かったのに。
ネコたちのために買った保冷剤。
わたしが横取りして使っています。

P1020340_2
膝の上や下に置いたり、首に押し当てたり。
けっこうヒンヤリして、涼しく感じます。
左の保冷剤を右のバッグに入れると、メッシュでサラッと使えます。
ここ数日の猛暑で、溶ける時間が速くなってます。二つあるので(二匹分あるので[E:happy01][E:cat][E:cat])交互に氷らせては冷やしております。
ネコはこんなふうに茶箪笥の上で風にあたっています。しっぽがゆらゆらゆれます〜[E:night]
P1020338

化け猫とのはち合わせ(未遂)

  うちのお風呂場の外にはすぐ、隣地との塀がある。

その塀はどうも近所の猫の通り道になっている。

 

今まで見た猫は2種類いて、三毛とクロキジトラ。どっちもかなりの貫禄を持っている。

 

 昨夜、うちのシラタマちゃんが夕食後の運動中、お風呂場にはいって窓際へ飛び乗ってしまい、危うくそのどちらかの猫と鉢合わせしそうになった。

 その時は、お風呂にはいろうとして窓を閉めたところだったので、直接に二匹が顔を合わせるはめには陥らなかった。

 

 でも、シラタマちゃんが外の猫の影に気づいて大声で鳴いていたので、外の猫も

「なんだ? 怪しいヤツ!」

というように顔を窓に近寄せてきていた。

その光景は人間でもけっこう怖かった・・

 

 シルエットが街灯に照らされて拡大してるからよけいに化け猫のようになっていて!

なかなか見られない光景を見た一夜でした・・・

猫の食後の運動には気をつけましょ!

110714_130501