カテゴリー

本の中の本 読書の幅がこうして広がっていく?

神保町古本まつりで買った 山川静夫『名手名言』。 そこに、山川さんの書棚で不滅の光を放ちつづける本の一冊は 岸田劉生『歌舞伎美論』だと書いてあった。 この書名、確かにうちの本棚にもあったな。 2000年から2005年の頃 […]

カテゴリー
レトロなもの

本の背中を見るのがそんなに楽しいの? 楽しいんです

神田古本まつりが終わった・・・ 何度も足を運びたいけど、暮らしのためにそうもいかず。 一回だけ行きました。 いつもは店の奥にしまい込まれている本も ワゴンに出されているかも などと想像して、心うきうき。 歩道に並ぶワゴン […]

カテゴリー
家の中あれこれ

一の酉~久保田万太郎~江戸の人々への連想

きょうは鷲神社の酉の市。 一の酉。 大森駅前の鷲神社でも、 小さい境内ながら熊手の店が出ています。 江戸から続く行事があるのはいいもんです。 酉の市というと「寒い」「冬」の行事というイメージだけど 東京ではまだ薄着で平気 […]

カテゴリー
心にうつりゆくこと

これほど生活のなかで美を重んじる国はほかには見当たりません

「これほど生活のなかで美を重んじる国はほかには見当たりません」 と書いてある本を最近読んでいた。 「毎日あたりまえに繰り返される日常生活の中における 『ケ』に着目し そこに潜む『美』とは何かを浮かび上がらせる」 と、書い […]

カテゴリー
心にうつりゆくこと

ふげん社さんありがとう

築地の ふげん社さん で開かれている 宇田川新聞さんの個展「本と木版画の休憩室」を 拝見してきました。 南陀楼綾繁『本好き女子のお悩み相談室』(ちくま文庫) 刊行記念。 本購入。 コミュニケーションギャラリー、ブックス& […]

カテゴリー

伝説の中にいる先住民と犬と少年が、今も生き生きと

「戌年」「冬」にちなんだお話を読んでいます。 犬ぞりの少年 (文研ブックランド) posted with ヨメレバ ジョン・レイノルズ ガーディナー 文研出版 2004-09-01 Amazon 楽天ブックス 表紙を見る […]

カテゴリー

目の前に宝物があるのに、だれも気がつかない

アリスン・アトリー『くつなおしの店』読みました。 こみねゆらさんの絵がまた良いです。 300年間、同じようにたっているバッキンガムシャーの通りの家々。 その中に並んで建つのが、ブリキ屋の店とくつなおしの店。 町に大きな店 […]

カテゴリー

見捨てられ行くところのないみじめな人は、ほんとうにそうなのか? 見分けられる目を持とう

石井桃子さん訳『マーガレット・マーヒーお話集 魔法使いのチョコレートケーキ』を読みました。 8つのお話がはいっています。 ニュージーランドに住む作家マーヒーさんの作品から、 訳者の石井桃子さんが、 ふしぎなことのでてくる […]

カテゴリー

だれもがこの物語の主人公になる

築50年あまりの木造アパートに暮した13組の住人たちの、 平凡だけど一様でない日常。 町を歩いているだれもが主人公になる可能性のある 物語っていう気がします。 一から十三、 名字につく数字からわかる13組の住人たちが、 […]

カテゴリー

おとなの心に効くはなし

『むささび星』を読みました。 九州、飫肥は杉の産地。 何百年も昔から、人々がこつこつと植えて育ててきた杉が 山一面に美しく並んでいます。 村の人たちは、杉といっしょに生まれ、育ち、年をとっていきました。 かつて、さし木に […]