本を読む人が増えると世の中が住みやすくなる

名著と言われる文学作品には、
きっと何か「読んでよかった」ということが
隠されているにちがいないと思う。
けど、難しそうで手が出ない。
けど、読んでみたい。

落語や歌舞伎のように
内容を知っていても
「また見たい」
「また聞きたい」
ということがあるんだから、
名著も、ストーリーや登場人物を知ってからとりかかると
ちゃんと味わえる、っていうのは納得できる。
なんか、前もってマンガやあらすじ本で知ってから読むって
間違ったこと、っていう意識がありましたが、
それは、長ーい名著については
必ずしも当たらないと気付かされました。

読むたびごとに新しい気づきがあるのが名著なんだしね。
たとえ読んでみて「つまらない」「意味がわからない」と感じたとしても
そう感じたきっかけがあるわけだから、
何も感じないのとは雲泥の差なんですね。

登場人物の相関図を書く、っていうのも、
とくにロシア文学なんかでは役立つことうけあいですよね。

名著には普遍性があるから、
昔に書かれたものであっても、
今生きているわたしたちの悩みに答えてくれる。
名著はいろんな読み方ができるから、
どんな人が読んでもその人その人の受け止め方ができる。

それにしても、本を読む人が増えると
世の中が住みやすくなると思う!
なぜなら、自分を相対化して見ることができる人が増えるからです。
いろんな生き方があることを認め合えるからです。
さまざまな人間関係が構築できる人が多くなるからです。
IMG_1065

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

絵がいい、文がいい、表紙もいい。

本を読む姿を描いたイラスト、っていうだけでも
本好きにはたまらなくいい。
表紙の色合い、デザイン、フォントも、
なんだか本好きを刺激する。
で、文が、穏やかで忙しそうでなくて、いい。

「という、はなし。」っていうのは、
筆者のお父さんの口ぐせだったとか。
気負いがなくて、これもいい。
大した話じゃないけど、ちょっとおもしろいでしょ?
っていう感じで。

昔の人たちって、ちょっと荒唐無稽に近いような話を
いっぱい持ってた、っていう気がします。
今になると、人権とか安全とかそういう観点から
言いづらいことやりづらいことが
昔は平気だったから。

電車が川の上の陸橋を渡るとき、密かに電車の外にぶら下がってる人がいる、とか、
今なら絶対非常停止ボタンで阻止されるようなことが起こっちゃったり。
(これはわたしの父の「という、はなし」)

いろんなことが違ってきたけど、
昔のほうが良かった面もあれば、
今のほうが良い面もたくさんある、ってことだな、と思う。
例えば、人権人権って言いすぎて、
言葉の面だけがんじがらめになって、
心では差別してるってこともある。
だけど、女の人が働くのがあたりまえになって
特別に能力のある女だけじゃなくて
普通の女も生きやすくなったと思う。
男の意識も変わってきましたしね。

なんか話がずれてきた。

『という、はなし』は、イラストが先に描かれて
そこへ文章をつけたものだそうです。
本好き、忙しがるのきらい、な人は
「そうだよね~、ほんとに」
と感じながら1ページ1ページ惜しみながら
めくって味わえる本だと思います。
絵を描いたフジモトマサルさんは、2015年に
亡くなったんですね。若すぎる・・
IMG_1050
書店で見て「買うしかない・・」と感じました。

吉田さんの名前は、ここでも見ました。↓↓
『罪と罰』を読まない』4人のやりとりがおもしろく楽しく読めました。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

きょうは月曜日、Eテレの「0655」で「たなくじ」がある日・・
思わず律儀に写しちゃいます・・
IMG_1049
そして大吉で「やったー」と思っちゃいます。
素直です。
げつげつたぬき団も、とーーってもかわいいー

農村の雑貨屋さんの在庫品?

農村の「何でも屋さん」に置かれていた日用品だったのでしょう・・
農家の女性たちがいつも髪をといていたクシって
こんなだったんじゃないかなー。
IMG_1033
未使用なので、在庫品のまま、
その何でも屋さんは店をやめたんじゃないでしょうか。
お店から、どんなふうにして
ほかにどんなものと一緒に
運び出されたのか?
そんな想像をしながら、
わたしも髪をとかすのに毎日使っています。
いつごろのものなんですかねー?
昭和のはじめ?
IMG_1034
片側にはめる、こんな木のサックがついています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

文楽「冥途の飛脚」映画で伝わる気合い

昭和54年の映画。
IMG_1032

恵比寿の写真美術館ホールで上映されていると知り
見てきました。
当日に並ぶというしくみなので、
はいれるのかどうかちょっと心配でしたが、
定員には余裕がありました。
で・・・
吉田玉男さんの「半眼」がすごく印象的でした。
芸に集中しているときに、目を開いているんだけど
何か物を見ているわけではない眼。
見ているのは、言うなら「芸」。

映画なので、劇場で見るより近い視点から
人形遣いさんの細かい芸を見ることができました。
あふれる思いを表現している集中力が
伝わってきます。

「心」と「間」が肝心なんだなーー・・
と感じました。

語り、三味線、人形遣い、3つの気合いが
一つになって、
人形に心が吹き込まれるんだな。

そうして、その心の高揚が観客に
ジワーッ
ザザーーッ
と押し寄せてくるっていうわけだ、と感じました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

芸事の免状は、自分の中の区切りの役割

お稽古ごとをやっています。
お琴と三味線です。
これまで、免状を持ってる人がうまいわけでもないんだから
わざわざお金を出して免状をもらう意味、まったくわからん。
と、思ってぜーんぜん免状もらっていませんでした。

そういう気持ちは今も変わらないのですが、
試験を受けて免状をもらいました。
なぜもらうことにしたのか?
ここに書くとで自分なりに整理してみると、

* 教えてくださっている先生への感謝を形にする。
* 試験を受けることで練習期間も含めプレッシャーの中で弾く経験をする。
* 「またがんばろう」と思い、練習に区切りをつける。

ということかなー。

とくに先生への感謝、っていう側面が大きいことに
もらってみて思いました。
はずかしいことに、これまでそこに心が及んでいませんでした。

好きで続けているお稽古ごとなだけに、
なんとなくやめないけど、緊張感なくダラダラとやってる、
っていう状態になっちゃいます。

試験を受けてみて、免状に意味がないわけじゃないな、と
感じることができました。
遅いけどやっと・・
「皆さま、ありがとうございます。」
とまわりの人に感謝する気持ちっていうのも改めて感じました。

帰宅後の自撮り記念写真(苦笑)
20170321

身内に京都のおみやげでもらった帯留めを記念にしていきました。

IMG_0970にゃー

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村