旧暦で師走の晦日、少し暖かな日は火鉢で暖を

和楽の付録でもらった旧暦カレンダーは、
新暦と二列で表示されているので
実用的に使えます。
右の細長いのがそれです。
IMG_1409

旧暦ではきょう、2月15日が師走の30日とわかります。
以前、旧暦だけのカレンダーを使ったときは、
けっきょく実用としては不便で
あまり活かせませんでした・・・

今年はお米屋さんでもらった日めくりカレンダーも
横にかけて毎日、標語も楽しみながらめくっています。
IMG_1410
近所の神社に初詣に行ってもらってきた神社の札も
いっしょに貼っちゃってます。

ためておくと忘れて行かずじまいになっちゃうことも多い
演奏会情報もここに貼ったりして・・
年越しのころからなんとなくこの状態になって
今のところ楽しく使っているこの壁面です。
いま一番上に来てるのは、これ!
IMG_1413

東京では少し暖かく、日中はストーブもいらないくらい。
そういうときは、火鉢です。
今のわたしたちには、火鉢の火で暖をとるには
暖かさが弱いので、
少し暖かい日に手元に火を置くのにちょうどよい感じですよ。
IMG_1416
火おこしをガステーブルに置いて炭に火を起こします。
IMG_1412
安全装置が働いて火が消えてしまうので
10分、とか設定をしておくと良いです。
ついたと思っても、10分くらいは火に載せておかないと
表面が赤くなっているだけのことが多いです。
IMG_1411

炭の量が少なすぎると
火鉢の灰の中に置いたあとすぐ火が消えてしまうので
小さな手あぶり火鉢でも5,6個の炭を入れたようがよいです。

外出するときは、
空気を密閉できる「火消し壷」に炭を入れれば安全です。
火消し壷なんてふつう持ってるわけないですね。
わたしも持ってません。
100円ショップの一人用土鍋の
穴に粘土をつめて代用しています。
念のため、玄関などの
土鍋の底が熱くなっても大丈夫な素材のところに置きます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

ものの値段と時間の値段

「もったいない」の度がすぎると
生活がごちゃごちゃして本末転倒になりますねー。
節約志向のわたしなどは、ここんとこを区別する必要を感じ
反省します。

たとえば、サンプルでもらった高価な美容液を使うとき、、、
袋の中から一滴残らず絞りだして使おう
なんて思っちゃって、かえって時間をむだにする
っていう場面とか。(トホホ・・)

どう考えても時間を大切にして
次の行動に移ったほうが
自分にとってプラスです。
などと、非常にささやかな反省をします。

スーパーの買い物袋とか贈答品の紙袋とか、
とっておきすぎて、その整理に時間がかかりすぎる
って、やっぱり無駄だ!
反省。

生活にはいろんな側面があるから楽しい
っていうのも真理ですけどね。

伝説の中にいる先住民と犬と少年が、今も生き生きと

「戌年」「冬」にちなんだお話を読んでいます。

表紙を見ると、楽しい犬ぞりレースのお話か、と思う。
ただ、少年ウィリーがレースに出る理由は、
税金の滞納を払うため。
まあ、そこまではよくある話かもしれない。
それに賞金を生活の何かに充てようとする話も
アメリカが舞台の話にはけっこうよくある。
けれどもここには、先住民族がたどった歴史も加わっている。

町のレースで常勝を誇ってきたのは先住民ストーン・フォックス。
ちなみに原題は『ストーン・フォックス』という。
ロッキー山脈に伝わる伝説がもとになっていると、
あとがきにある。
きっとストーン・フォックスのような男が実在しただろうと
訳者・久米氏は言う。

農場を営むおじいちゃんと暮らすウィリーは、
「そうしたいと思うだけでなく、かならずそうするという意志が大事だ」
とか
「質問するのはいいことだ」
とか日ごろ教えられている。

教育とは、個人が個人に与える影響力のことだ
と、どこかで読んだが、こういうことを言うのだろう。

困ったときに思い出して
活路を見つけるのに力になることを
与えてくれる人や本があるといい。

で、犬ぞりレースは、
見物のだれ一人として勝つと思っていない
必死の10才の犬と10才の少年が、途中まで1位だ。

必死すぎる一匹と一人。

作者ガーディナーが原作のあとがきに書いたように
創作ではあるが、結末のシーンは、
ほんとうにあったできごとだという。

日本語訳のタイトルは『犬ぞりの少年』で
たしかに少年ウィリーが、
おじいちゃんと農場のためにしたことの話なんだけれど
表紙で喜々として疾走する犬・サーチライトが演じる役割が
この物語の白眉だ。

楽しい犬ぞりレースのお話、ではない劇的な結末になる。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

目の前に宝物があるのに、だれも気がつかない

アリスン・アトリー『くつなおしの店』読みました。
こみねゆらさんの絵がまた良いです。

300年間、同じようにたっているバッキンガムシャーの通りの家々。
その中に並んで建つのが、ブリキ屋の店とくつなおしの店。

町に大きな店ができてから
ここでやかんやなべを買う人はあまりいなくなったブリキ屋の店は、
おかあさんと足のわるい女の子の二人ぐらし。

くつなおしの店は、
昔、ブーツ作りの名人だったが
機械でつくるぴかぴかのブーツがはやりだし
注文が減ってくつなおしばかりするようになった
ニコラスじいさんと孫の男の子の二人ぐらし。

男の子は、足のわるい女の子のために
誕生日に軽いくつをあげようと
貧しい中からおこづかいを出してニコラスじいさんに
くつ作りを頼みます。

市場で買った小さな赤い皮で
じいさんは女の子のために、かわいいくつを作ります。

そのくつの中に、足がいたくないようにと
男の子が、自分の手で
柔らかい羊の毛をはってあげるのです。
誰も見向きもしないところに散らばっているのを
一生懸命に集めて。

乏しいお金で買った皮で女の子のくつを作ると
もうほんの切れ端しか残らないけれど
じいさんはそれで、小さな小さなくつを作ります。

それはじいさんにとって
久しぶりの好きなくつ作りの仕事で
美しい音楽を聞くような楽しいひととき。
夢中で針を動かしてできあがったくつは
この世のものでないかのような、みごとなくつ。

くつなおしの店の窓辺に
かわいらしい赤いくつを見つけて
大ぜいの妖精たちがやってきて歌うのを
心から祝福したくなります。
毎日のくらしは、
「つまらない」繰り返しをまじめに続けることこそだいじだと
改めて気づかされました。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ありがとうのコーヒータイム

職場の方が手作りしたお菓子をいただき、
帰宅後の疲れた心身があったかーくほぐされた気持ちでした。

袋から出してくださるときの感じも
なんだか心がこもっていてうれしく。

日ごろ、かげひなたのない笑顔に感謝している方だけに
なおさらありがたく感じました。

IMG_1284

わたしも見習いたいと思いました。

ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

ゆっくりでも少しずつ進もう。 幸せは自分の心の中にある。