IMG_2359

好きで続けているお琴と三味線で秋を楽しみました

秋の日を心豊かに過ごすなら
どんなひとときがいいのかな。

好きな日本文化とともに静かに過ごすのもいい。

そう思う人たちと
深まる秋のひとときを過ごすことができました。

IMG_2359

IMG_2361-1

IMG_2360

このように過ごすことができたことを
とても感謝しています。
好きで続けているお琴と三味線、
これからもがんばってお稽古しようと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

IMG_2357

本の中の本 読書の幅がこうして広がっていく?

神保町古本まつりで買った
山川静夫『名手名言』。

そこに、山川さんの書棚で不滅の光を放ちつづける本の一冊は
岸田劉生『歌舞伎美論』だと書いてあった。

この書名、確かにうちの本棚にもあったな。

2000年から2005年の頃、伝統芸能系の古本はけっこう買ったと
この間書きましたが、その頃に購入したものです。

探すともなく気にかけていたら
古本を入れているケースの中に、やっぱりありました。
山川さんが書いているように昭和23年が初版で
うちにあるのは昭和26年発行の第3版。

IMG_2357

IMG_2358

悲劇喜劇選書Ⅳとして出版されたときの帯と
しおりとして挟まれたらしいフィルムもともに。

岸田劉生が画家の視点で
歌舞伎の美しさを書いている本。

著者が歌舞伎の舞台面を描いた絵がカラーで入っていて
劉生が、歌舞伎は蜜豆の黒蜜のようだと言っていたという気持ちが
分かる気がします。
なるほどこれが黒蜜の味か、と。

歌舞伎を好む点では人後に落ちないつもりと言っている。
この「美の王国」が日本から失われてしまう時代が来るとしたら
人類の損だと言っている。

芝居見物の絵日記もつけていて
本の中に絵とともに入っている。
岸田劉生の絵日記なんて、貴重ですよね。

しかも、一芝居好きとして書いている
「きょうは帝劇見に行く日なのにあいにく雨・・・」
などという親しみやすい内容。

同時代人に認められず、
死んでから価値を見いだされた人だったと
山川さんの本にある。
岸田劉生が歌舞伎の美をどのように見ていたのか
難しいことではなく
歌舞伎好き市民として読み返してみなくちゃ。

ちなみに、河竹登志夫さん著のこちらの本とは別の本です。
こちらも良い本だと思われますが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

IMG_1414-1

ただ弾いてるだけだから

趣味で楽器をやっている人は
自分が楽しいために演奏します。

プロはお客さんのために演奏しますが、
私達は、年に一度の発表会などで見てもらうときを一つの目標に
一生懸命に、かつ楽しんで練習しています。
発表会では自分が楽しく、
見る人に応援してもらったり
リフレッシュしてもらったりできるように
がんばります。

自分なりには少しでも「上手に」弾けるよう
がんばって練習しますが、
自分でもどう考えても「下手だな~」と
自覚することばかり!

「下手だな~」と思うことも
楽しいことの一部となっています。

例えば、こんなこともあります。

そのとき私は追善として作曲された曲をお稽古していました。
もう一人の人と合奏して先生に聞いてもらっていました。
曲が終わって先生は言いました。

「私が死んだときにそれを演奏しないでね。
何年かたってからならいいけど。」

死んだ直後にそんなにうれしそうな演奏をしてもらっちゃ困る、
という意味です。

「ただ弾いてるだけだからそうなるんだ~」
というわけですけど、

追善の心をにじませる演奏なんて
「とてもわしらには、できるもんじゃねえですだ~」

ってことで。

部分部分の手の練習を重ねて
そういう心を出すようにがんばるのでした!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

IMG_2334

本の背中を見るのがそんなに楽しいの? 楽しいんです

神田古本まつりが終わった・・・

何度も足を運びたいけど、暮らしのためにそうもいかず。
一回だけ行きました。

いつもは店の奥にしまい込まれている本も
ワゴンに出されているかも
などと想像して、心うきうき。
歩道に並ぶワゴンを一つ一つ見て回ります。

「本の背中を見るのがそんなに楽しいのか?!」
と我ながら自問するくらい、けっこうていねいに。

IMG_2334

伝統芸能系の本は、自分の中では2000年から2005年にかけて
ずいぶん買い込んでしまったので
今は控えています(笑)。
舞台も見なくなったので自然な流れで。
歌舞伎役者さんも文楽の人たちも
その頃とはだいぶ世代交代が進みましたねー。

『名手名言』
山川静夫さんの著作は必ずおもしろいので
あると買います。
持っている本も多いので
読んだことある内容かも、と思うけど
同じ題材を扱ってもそのときの筆者の考えが反映されていると
それはそれで読み応えがあるので
今回も買いました。

『本の声を聴く』木島始
季刊「銀花」に連載した書物随筆。
買ったのは
「本について自分で何か書くときの
タイトルのつけ方の勉強になるかな
という動機からでした。

読むと、あとがきに共感する内容が書かれていました。

山水画を見たとき、自然を相手に
「相対して坐すること終日」に興味を惹かれたことや
良寛の詩に
「向かい合って ともに語ることなし」
というのがあることが挙げられている。

やたらに言を多くするのが良いのではない。
多言の自然、多言の本という客と相対して坐る楽しさが
書かれてある。

「黙りあったままなのに
もてなしづかれすることなく
聞きだしかたしだいでは
語りやめることのない客なのだ」

という著者の詩もある。

歳月がかもしだした偶然からできた本だというのも
良い。

『江戸児童図書へのいざない』アン・ヘリング

児童文学史を扱う本のたいていが明治時代より前の時代には注目に値するものがなかったとしてまったく無視していたそうだ。
少なくともこの本がまとめられた1988年ごろまでは。

今はどうなんだろう?
見直されたのだろうか?
分からないので買ってみた。
江戸時代にはいろんな面で共感を持っている一人なので。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

9784794968524

一の酉~久保田万太郎~江戸の人々への連想

きょうは鷲神社の酉の市。
一の酉。
大森駅前の鷲神社でも、
小さい境内ながら熊手の店が出ています。
江戸から続く行事があるのはいいもんです。

酉の市というと「寒い」「冬」の行事というイメージだけど
東京ではまだ薄着で平気なくらい。

久保田万太郎『三の酉』で、
次の年の三の酉までに・・・
というのが思い起こされる。
酉の市の季節になると
この作品を読みたくなるんだ・・・。
その賑わう下町の酉の市の様子や
にもかかわらず寂しい冬の雰囲気が味わいたくて。

昔の人たちが
「今年もこの季節を迎えられた」
と喜ぶ気持ちはひとしおだったでしょう。

岸本葉子『江戸の人になってみる』に
つくづくそうだったろうと書いてある。
いろんな流行り病、火事、地震に見舞われるから。
平均寿命にすると40代そこそこだったとされる江戸の人々です。

江戸の人になってみた暮らしのことが
いろいろ書いてあっておもしろく読めます。

たまたま、今朝のNHKの番組「朝イチ」で話していたことが
そっくりな内容だったので、奇遇に感じました。

家事代行サービスのお話です。
江戸でもそういうサービスはけっこう利用されていたんではないかとこの本の中にあって。
そのサービス業に就く女性がいるわけで
その人も別のサービス業の助けを借りて・・
という循環があったにちがいないという想像が成り立っています。
納得させられます。

町の女性たちも、子守や針仕事を請け負ったり
武家に奉公したりと社会に出る機会があったことだし。
別段、現代特有のことではないように感じられてきます。

この本、「お江戸の一年」の章と「お江戸の一日」の章があって
それぞれ楽しいのですが、
「お江戸の一日」が、より具体的で身近で
読者も実体験できそうな気持ちになれます。

肌寒くなってきたので
うちでも火鉢を使い始めようかと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村