素の自分がほしがる本って

仕事で必要な本とかじゃなく
素の自分がほしがる本って
どんな本でしょう。

人は作者で本を買うことが多いって言われています。

その説にうなずきます。
久保田万太郎。
井伏鱒二。

IMG_1760

『だれにいふともなく』
昭和22年、戦後間もないときにこのような本が・・・
IMG_1761
紙のてざわりや
印刷のかすれ具合なんかも
確かに読む楽しみの重要な一部にであることを確信する一冊。

『荻窪風土記』
家にはたしかなかったけど、図書館で借りればいいかなー
と思いながら手にとって
最初のほうのページをめくると
この部分が目にはいって
IMG_1762
「ははっ・・」と笑ってしまったので
買うことに。

神保町古書会館の古書展では、
意外な本、久しぶりな本との出会いがあるので
楽しいです。
ほぼ毎週金土曜日にやってるよ!
東京の古本屋ウェブサイト

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>