和ろうそくはいろんな思いを連れてくる

和ろうそく、たまに灯すとすてきです。

P1050807a

ろうそくの灯りは、当然のことながらほんとうの「火」なので、
火がもともと持つ、人を原始の世界に連れて行くような
幻想を起こさせるような力を持っていると思います。
火を見つめているとき、なんだか
いつもの電気の光では起こってこないような考え方が
心の中にわいてくることがあると思います。
火のそばにいると、火をずっと見ていたくなる、
というのは不思議ですけどほんとうです。

P1050815

5年くらいまえ、東京・小金井の江戸東京博物館たてもの園で、
囲炉裏のところにいるボランティアをしていたとき、
囲炉裏に火を起こしていると、
その周りに人が集まってきて、ただ何をしゃべるというのでもなく
しばらく座っている、という人がおおぜいいました。
火に癒されるんでしょうか。
たまに風に揺れたり、
色が少し変化したりするのを
ぼんやり見つめていたくなるのです。

P1050810

今使っているのは、こういう和ろうそくです。

燭台もいっしょに買ったものです。
鉄で、飾り気のない、質実剛健な感じのものです。

P1050803

内子町で買いました。

P1050801

たまにはこんな燭台もいいですけど。
これはデュッセルドルフの蚤の市で買いました。
P1050791a

折にふれて「いいな」と思うろうそくを
買っておいて、たまに灯します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>