カテゴリー別アーカイブ: 心にうつりゆくこと

どこにいても異邦人

どこにいても異邦人に感じるのが
好きではあるんだけど、
たまにそれがさびしいような気がする・・・
わがままだな~。

どこかにどっぷり所属するのが苦手っていうか。
いつも素知らぬ顔をしているのが楽っていうか。
なのにたまにそれがさびしいような気がする・・・
わがままだね~。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

ふげん社さんありがとう

築地の ふげん社さん で開かれている
宇田川新聞さんの個展「本と木版画の休憩室」を
拝見してきました。
IMG_1434
南陀楼綾繁『本好き女子のお悩み相談室』(ちくま文庫)
刊行記念。
IMG_1433
本購入。

コミュニケーションギャラリー、ブックス&カフェ
ということで
室内には、テーマごとに分かれて本が並んでいます。
テーマごとになっていると、
自分の興味にひかれて見られるので見やすいです。
本屋さんでもこのように店の人が棚を楽しく作っているところが
増えていますね。
図書館の棚のイメージもあるけど、もっと自由な感じ。

詩の本
手仕事の本
建築の本
本屋さんの本
東京の本
伝統芸能の本・・・

欲しい本がありすぎて困りました。
けっこう長く居て
コーヒーも飲みました。

IMG_1427

オリジナルクッキーがついていて
しかも、お替わりもついていて
500円!

木のテーブルでゆっくりと本を広げつついただけるなんて
幸せ。
目の前に本だながあるので、
つい目が本の背を追ってしまうのもまた楽しいです。

件の本『本好き女子・・』は、10代から40代の女子たちのお悩みを聞いて彼女らに効く本を「処方」するっていう
おもしろい企画です。
連載していた出版社で書籍化できなかったものが
ちくま文庫になったとのこと。

長居しすぎたかな、と思い帰ろうとしていますと、
宇田川さんご本人がはいっていらっしゃいました。
ただの一お客のわたしなので、どうということもないのですが、
「応援してます」なんて申し上げて
お店をあとにしたのでした・・・
あたたかい雰囲気の作品なのでその気持ちはほんとうです。

「充電させてもらえませんか」缶バッジも思わず買ってしまいました。

また行きたいです。
(おとなりの新三浦という料理屋さんも由緒ありそうでした。)

新しくすてきな場所に出会えるのはまったくうれしいことですね。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ものの値段と時間の値段

「もったいない」の度がすぎると
生活がごちゃごちゃして本末転倒になりますねー。
節約志向のわたしなどは、ここんとこを区別する必要を感じ
反省します。

たとえば、サンプルでもらった高価な美容液を使うとき、、、
袋の中から一滴残らず絞りだして使おう
なんて思っちゃって、かえって時間をむだにする
っていう場面とか。(トホホ・・)

どう考えても時間を大切にして
次の行動に移ったほうが
自分にとってプラスです。
などと、非常にささやかな反省をします。

スーパーの買い物袋とか贈答品の紙袋とか、
とっておきすぎて、その整理に時間がかかりすぎる
って、やっぱり無駄だ!
反省。

生活にはいろんな側面があるから楽しい
っていうのも真理ですけどね。

ありがとうのコーヒータイム

職場の方が手作りしたお菓子をいただき、
帰宅後の疲れた心身があったかーくほぐされた気持ちでした。

袋から出してくださるときの感じも
なんだか心がこもっていてうれしく。

日ごろ、かげひなたのない笑顔に感謝している方だけに
なおさらありがたく感じました。

IMG_1284

わたしも見習いたいと思いました。

ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

小さなつみかさね と 趣味のやりがい

今年の目標は
「小さなつみかさねをたいせつに毎日を暮らす」
です。

「小さなつみかさね」の中身を
手帳や日記に書き出して、皆さまお互い、がんばりましょう。
書き出すことで、自分としてうやむやにしなくてすみます・

昨年来、お稽古ごとを続ける意味について
考えています。
趣味のお稽古ごとは、「好きだから続ける」
だけなんだけど、
「もっと楽しく」できないものかと・・

わたしの場合は、お琴と三味線が趣味です。
はいっている会で、年に1,2回、みんなで発表しあいます。
それで「あーへただなあ」と痛感し
「来年もがんばろう」という感じで
長年やってきました。
いろんな都合で休んだり再開したりを経ながらも。

それで満足なようでもあり、
何か自分としてエネルギーが足りないな、
もう一歩「やってる甲斐がほしいな」
と感じたりもします。
それは自分で創り出すもの。
その方法を今年は考えたいな。

たなくじひいたら偶然、「小さなつみかさね」
に合致した内容でした!
(Eテレ朝6:55からの「0655」でやってます。)
たなくじ
120個というと、約3日に一度の割合で
かなうということです。
すごいぞ。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

また失敗しちゃいました・・ことばが足りず

ことばが足りずに失敗することが多いです、わたし。

細かいことを確かめるとうるさがられるだろう、
うるさがられたくない、
という思考回路がわざわいして。

対人関係をそれで損なう、
損なったと思い込む、
そういうことがしょっちゅうあります。

で、自分からその場を離れていきます。

だから、どこへ行っても「異邦人」でいることが多く、
今ではそれがかえって安心できるのです。

そういう生き方って「損」かもしれない、
って思うこともあるけど、
性格を変えることはできず。

「そういう生き方」とか、深く考えなければいいんだとも思う。
フラットにそうやって生きていけば。
もっと、親しい友だち作ればいいのかなあ、とも思う。
少なくていいから、気持ちを分かり合える友だちを。

ことばが足りずに誤解されることが多い。
ことばを増やせば「うまく」生きていけるのかな。

ことばをたくさんしゃべると、違った煩いが生じて来そうだ。
口から出すことばの数は、増やさないでおこう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

このタライの17年の歴史

もともと物持ちがいいほうでした。
壊れないでずっと使うものが多いです。
↓このタライもそのひとつ。

これを買ったのは、2000年ごろ。
文京区根津に住んでいたとき、
「あんぱちや」という荒物屋さんで買いました。

060711_0649~0001

↑ そのあと2005年に引っ越した先で、
地域猫が子猫を生んで、
しばらくこのタライをネコの親子に明け渡していました。
5匹いたっけ・・
5匹もいたので、次第にエサが不足したのか
母ネコのクロちゃんが、生き餌を採って
与えていたっけ・・・

そのタライは、現在も現役で、
ついこの間、冬の帽子を洗ったのがこちらの写真です。
IMG_1126

まさかこんなに長く使うとは思っていなかったけど、
あっという間ではありました。
こうなるとタライも一生ものですね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

調味料「かえし」作り、リピートせずにいられません

『おつまみ一行レシピ』で知って作ってみた調味料「かえし」。
簡単で便利で美味しくて、
リピートせずにいられません。
前のがなくなってきたので、
IMG_1016
きょうも作りました。
IMG_1014
今のところ、500mlのしょうゆを買ってきて、
全部をかえしにして保存するという方式にしています。
みりんは三河みりん。
調味料がおいしいとお料理に自信がなくても
おいしいおかずができる気が・・します!

お料理するときに
砂糖・みりん・しょうゆを加えるのとおんなじかと思うと
そうではない、っていう実感がします。
「味が練れている」と、
『おつまみ一行レシピ』の著者やまはたのりこさんが書いていますけど、
ほんとにそんな感じです。
ほうれんそうや小松菜やブロッコリーやアスパラに
ドレッシング感覚でも使えますし、おいしくてなにかと便利です。
作り方も分量もとてもシンプルですし、、
(しょうゆ500mlなら、砂糖・みりん各100ccで、
砂糖・みりんを混ぜて沸騰させ
しょうゆを加えて白い膜が覆い始めたら火をとめてさます)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

ばらばらだったものがつながってくる

自分がその時その時に好きだと思って
買ったものや習ったことが、
生きてるうちに少~しずつ
体や心や家の中に、蓄積・沈殿してくる。

そうしてあるとき、その中のどれかとどれかが
ひょんなことからつながってくる。
永年、人間をやってると、そういうことにぶつかることがありますね~

最近そういうことがあってちょっとうれしかったので書きます。
今回の場合は、義太夫とお習字。(書道と言うのはおこがましいんで・・笑)
義太夫では、本を自分で書き写して使うようです。
で、それをやってみようと思ったとき、
「そういえばずーっと前、骨董市で
硯箱買ってたな・・」
と、思い出し、ひっぱりだしてきました。

IMG_0993

IMG_0994

ただもう、籬の菊が好きだから、ということで
買ったものです。
毛筆で書く習慣もなく、
数回なにかで使ったけど、大概は箪笥にしまっていたわけで・・
このたびまた、活かせることになりました。

IMG_0996

女性持ちらしい造りになってまして、
日常使いながら、今となってはなかなかゆかしいものです。
ほこりがじゅうぶん(?)たまってるのをきれいに拭いて、使用再開です。

本にも「積ん読」があって、悪くないことですけど、
古道具にも死蔵していたものを、使い始められる場合が訪れます。
こうして、人と生活をともにできるというのは
物にとっても、良きことだと思います。

書道の紙も出そうと、こちらも箱を開けたら、
その昔の遺物も出てきました。
懐かしいです・・IMG_0991

台所の壁に貼ってみた!

好きなことが、自分の中でつながって何か化学変化を起こして
これからに活かしていけたら幸せだな、と思います。
無駄だと思っていたことも、必ずしもむだではない、
いつか何かと重なっていくのかもしれない、っていう気もします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村